So-net無料ブログ作成

RD2D [VAPE:RDA]

DSC_3288.jpg

RD2Dは変わった構造のルーマニアのRDAです。
背が低く見た目が可愛いです。
RD2のFacebookページを見て欲しくなり手に入れました。
FBのポリシー変更により、グループが秘密になっているのでFBページから問い合わせをしてみましょう。

DSC_3289.jpg

特徴的なデッキとトップキャップの裏側。
トップキャップの内側の筒の部分にコイルが来るように組みます。

DSC_3290.jpg

デッキ裏。
「ファーストバッチはBITCOIN誕生してから10周年だから、BITCOINって彫るね」
と言う謎の計らいでBITCOINの文字が彫られています。
他のRDAも裏に全部BITCOINと彫るべきだと思います。

DSC_3291.jpg

トップキャップ。ドリップチップを回してエアホールコントロールをします。
シングル。ダブルエアホールの選択が可能です。

DSC_3292.jpg

ビルドして行きましょう。
デッキのポールを回すと簡単に取れます。

DSC_3293.jpg

棒を刺してコイルを巻き、足を固定します。
コイルの足がキャップに当たるんじゃないかと思い内側(ポール寄り)で固定しています。

DSC_3294.jpg

棒をクイっと横にしてコイルの形を整えます。

DSC_3295.jpg

ポールをデッキに戻します。
横から見るとこのぐらいコイルが上に来る感じ。
エアホール横に来るぐらいコイルを上げます。
もう少し上でも良いかも。

DSC_3296.jpg

コイルの足がキャップに、コイルの上側がドリップチップの下側に当たりそうな狭さなので、
ドリップチップとキャップを嵌めた状態で抵抗値を計りました。

ドリップチップを外して上から見た所。思ったより余裕があるようです。

DSC_3297.jpg

コットンは少な目に。
少な目にしたつもりが写真で見ると結構多いですね…。
背は低いですが、ジュースウェルは深いです。

DSC_3298.jpg

味は中々のもの。チャンバーが狭くコイル位置が高い恩恵です。
ただし欠点として、コットンが多すぎたり、出力上げ過ぎるとリキッドが上がって来ます。

構造的に横にしても漏れにくいので使いやすいです。

ポジピンにデカイ穴が開いていますので、普通のMODで利用する時は穴を塞ぐなど工夫が必要です。
素直にBF専用として運用する方が、ストレスがないかも知れません。

兎に角見た目が可愛いのと、味も良いので気になる人は狙ってみましょう。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。