So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

Monarch by Monarchy Vapes [VAPE:RDA]

DSC_2324.jpg

デッキが特徴的なMonarchを知人から譲っていただきました。
ビルドデッキになる特殊なケースに入っています。
マイナスドライバがないと開かないケースですが、ネジが回し難いです。

アトマ名は「Monarch」です。「Monarchy」じゃないのでよろしくお願いします。
ちなみにBF専用です。
普通のピンは付いて来ませんが別途販売される事もあるかも知れません。

DSC_2325.jpg

非常に特徴的なデッキ。
横から取り入れたエアーをグルっと巻き込む感じの構造になっています。
BFの穴は?と思ったらハープパイプのような構造物の下からリキッドが出て来ます。
なかなか凝った構造です。

DSC_2326.jpg

エアホールは結構大きめです。
コイルの止め方はプラスネジで挟むタイプ。

良く見ると王冠が曲がっていたりインシュレーター欠けていたりしていますが気にしないようにしましょう。
良く見なければ分かりません。

DSC_2327.jpg

CAPです。
黒い部分が外れます。
色違いのパーツが出そうでな雰囲気がとてもします。
黒い部分に付いているドリップチップはシンプルなストレート構造。
ちなみに、510接続なので安心してください。

DSC_2328.jpg

CAP裏は平らになっています。

DSC_2329.jpg

横から見て円の中心に来るようにコイルを配置してみました。
クラプトン3ミリ軸のコイルですが、まだまだ余裕があります。
ビルドはし易いと思います。

DSC_2331.jpg

味はまぁまぁです。
エアーを巻き込み過ぎなのでは?と少し思ってしまいますがどうなのでしょう。
ハーフパイプの終端が真上を向いていたら果たしてどんな味になるのか気になる所です。

変態デッキが好きな人にお勧めしたいですが、FBグループも秘密のグループで、入手難度が高いのが悲しいです。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Axiom Hybrid [VAPE:メカニカルMOD]

DSC_2286.jpg

Axiom HybridはMTLタンクと18350MODが一体化してる奴です。
M5+で売っていたのを買ったのですが、2015年中頃に販売されたModのようです。

DSC_2287.jpg

シンプルな見た目です。オプションのネジ類やOリング。
ドリップチップも付属します。

DSC_2288.jpg

リキッドはトップフィルです。
デッキがMODと一体化しているから上から入れるしかないのです。

DSC_2289.jpg

デッキです。kayfun lite plusを模したデッキです。

DSC_2290.jpg

スイッチはマグネット式でストローク短めの良い押し心地です。
ドリップチップは逆テーパー。

DSC_2291.jpg

電池を入れる所を覗くと、ベントホールと芋ネジが見えます。
芋ネジを回す事でエアホールコントロールが出来ます。
AFCの芋ネジは緩みやすいので、出っ張って電池に接触しないように注意する必要あります。

DSC_2293.jpg

28gのマイクロコイルで組みます。
メカな上に通常の方法ではΩ数が測れないのでご注意ください。

DSC_2292.jpg

Coribli5+Varioと大きさを比較。
最小のRTAと小さいModよりは大きいようです。

DSC_2312.jpg

オーリングを嵩上げして、
Dvarw RTA 5ml ウルテムチューブ
を付けました。
これでガラスが割れる心配もなく使えます。

味はKayfun liteを模しているだけあり中々美味しいです。
買った時「買っても本当に使うのかな?」と思っていましたが、以外と使い勝手が良くちゃんと使っています。

現品限りだったのでM5+にはもう売っていませんが、小さいMODが好きなら、中古市場を探してみるのも良いかも知れません。



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Taifun GT4 by Smokerstore [VAPE:RTA]

DSC_2263.jpg

Hi guys taught here!

Taifun GT4はドイツ製の25mmサイズのRTAです。
25mmと言うサイズは中々珍しいかと思います。
本体は大きいですが、筒のような小さい入れ物に入って来ます。

DSC_2264.jpg

外観。無骨で恰好良いですね。

DSC_2265.jpg

22mmのeXpromizer V3 Fireと大きさ比較。
想像していたよりは大きくなかったです。

DSC_2266.jpg

付属の逆テーパー加工の大きいドリップチップは510接続なので、他のドリチに替えられます。
口に入って来るまでに蒸気が広がるので逆テーパーは良いですね。

リキッドチャージは上からドバドバと入れられます。
スレッドは流石ドイツ製で良いですね。スルスルと回ります。

DSC_2268.jpg

デッキです。写真だと半分閉じてしまっていますが、ジュースホールが馬鹿デカイです。
ポストの横が開いているので、太いワイヤーも挟み易そうです。

DSC_2269.jpg

上から。
エアフローの穴は6つ。斜めしたからコイルに当たるように配置されています。
ワイヤーを止める場所も6つ。
RTAにしては非常にデッキが広く色々なビルドが出来る事でしょう。

DSC_2270.jpg

ジュースコントロールは、下から2個目の滑り止めの付いたリングを回します。

DSC_2271.jpg

すりガラスのため分かり難いですが、こんな感じで閉じます。
リングだけを上手くつまんで回さないといけないので少々慣れが必要かも知れません。
3分の1ぐらい開けただけで、充分供給されます。

ジュースホールの大きさ故、ジュールホールを開けたまま、リキッドチャージした時に一度エアフローから漏れました。
リキッドチャージする時は、ジュースホールを閉じた方が良さそうです。

エアフローは下のリングで調整。少し固いです。
2つ穴。1つ穴にも出来ます。
MTLぐらい絞る事も可能です。

DSC_2272.jpg

裏側。
Made in Germanyの文字が誇らしげです。

DSC_2273.jpg

28Gのツイストワイヤーで大きめのコイルでビルドしてみました。

DSC_2274.jpg

ジュースホールがデカイのでコットンは多めに。
デッキ端でコットンを切ると良い感じとToddさんが言っていました。
Toddさんの動画も見ましょう。

DSC_2275.jpg

精度も素晴らしく、均一なミストが楽しめて素晴らしいです。
25mmと言うサイズはデカイですが、デカイMODに付ければ小さく見えるので問題ないでしょう。


■買った場所
最初、Smokerstoreのサイトで購入しようとしたのですが、何故かエラーで購入できず。
フランスのLA PETIT VAPOTEURで購入しました。
通常の国際小包であれば送料無料で買えて、おまけも沢山ついて来て良いです。
届くまで8日間ぐらいかかりました。



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ReGen by VapeWare Mods  [VAPE:RTA]

DSC_2243.jpg

ハロー、ベイパー。
ReGenはセンターポールタイプのGenesisアトマイザーです。
VapeWare Mods(以下、VWM)のアトマイザーは数量限定生産なので買える時に買って置かないといけません。
VWMは、Nextasisが欲しくてFacebook始めたので、思い入れのあるModderです。
生産はギリシャです。ギリシャの金属加工は素晴らしいものです。

オーセンティックカードと、透明なドリチや、予備のオーリング等が付属します。

DSC_2244.jpg

メッシュの番手は、#325
サイズは 13mm × 40mm
です。
最初、#500で、13mm × 35mmぐらいで組んだらダダ漏れしました。
メッシュをケチるとポール下の穴が塞がらずダダ漏れします。

メッシュをコレでもかとバーナーで炙るのが成功の秘訣とホリさんから教えてもらいました。
メッシュを焼きます⇒水に付けます⇒メッシュを焼きます⇒水に…
を5回から6回繰り返します。
それでも、上の方のワイヤーが強くメッシュに当たるので、大抵ホットスポットが出来ます。
一番上を巻く時は、緩めに巻きましょう。
自分は、先にポールの上側でワイヤーを止めて、下に向かって巻くスタイルです。

DSC_2245.jpg

トップキャップを回して外して、ドバドバとリキッドを入れましょう。
最大4mlは入るらしいのですが、最初にダダ漏れしたので、RDTA的な感じでデッキ下まで入れました。

DSC_2246.jpg

エアホールは3つの穴がサイド2か所にあります。
6つも穴があるとドロー軽そうなイメージですが、全開にしてもMTLよりです。

DSC_2247.jpg

エアフローの穴が下側にある構造上、漏れやすいので運搬時はエアフローを全閉にしましょう。

DSC_2248.jpg

Nextasisよりかなり味が出ます。

格好良くはありませんが、愛嬌のある見た目が気に入れば買っても良いかも知れません。
VWMの特徴として値段が高いです。覚悟しましょう。

■買った場所
VWM Facebookグループ

※Facebookページでも販売するかも。
※NextEraはvapevillegeでも販売したのでもしかしたら。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

eXpromizer V3 FIRE by eXvape [VAPE:RTA]

DSC_2230.jpg

「eXpromizer V3 FIRE」はドイツのeXvapeのRTAです。
価格が安い事とFastTechでも販売されていることから中国製造と思われます。
「エクスプロマイザー」と読む人が多いですが、通っぽく「エクスプロマイツァー」と読みましょう。「ジャガー」を「ジャグワー」と言う感じですね。
自分は恥ずかしいので「エクスプロマイザー」と言います。

FIREの名に相応しく、アトマが炎上しているパッケージで届きました。
左に写っているスペアパーツは予備のガラスタンクです。
本体に予備が付いていないので、予備を買って置くと安心です。

DSC_2231.jpg

レインボーカラー、4mlバージョンを買いました。
レインボーカラーと言ってもどうせ中華製造だろうと油断をしていたら、想像を遥かに超える綺麗な色でちょっと感動しました。

eXvapeのサイトを見て貰えると、カラーバリエーションが豊富なので、お好きなカラーを買いましょう。色によって少し価格が上がります。
容量が2mlと4mlが選択できますが、4mlを買えば2ml運用も可能です。
迷ったら4mlを買っておきましょう。

DSC_2233.jpg

パーツ点数が多いですが、
・エアフローコントロール
・ジュースコントロール
・トップフィル
と、最近のRTAの基本3大機能を備えています。

トップキャップ下のパーツとチャンバー上部のエクステンションバーツで
通常、容量2mlのところ4mlになっています。

もう少し詳しく構造を知りたいと言う方は、
Toddさんのレビューを見ていただければと思います。

特に固い部分もなくすんなりスレッドが回って分解でき、油臭さも全くなくとても好感触です。

DSC_2234.jpg

デッキです。
RTAで良くある構造のデッキです。全く奇をてらった所がなく良いですね。
デッキの幅も大きめなのでビルドし易いです。
横から入ったリキッドが上に上がって供給されるので漏れ難そうです。

DSC_2235.jpg

コットンはデッキ下に開いてる穴を塞ぐ感じで。
コットン量を多めにしたかったので3mm軸のコイルにしています。

DSC_2236.jpg

ジュースコントロールは、写真のドリチ下(ピンセットの先端部分)を回してコントロールできます。
全く引っかかりもなく、ヌルヌルと動くのが素晴らしいです。

DSC_2237.jpg

トップキャップを少し回して上に引っ張るとリキッドチャージの穴が出現します。
大きい穴なのでユニコーンボトルでも余裕でチャージが可能。
負圧もかからない構造なので漏れないので素晴らしいです。

DSC_2238.jpg

エアフローコントロールもヌルヌル動く上にしっかり効くので、欠点がないRTAと言えるでしょう。
Hussar RTAの見た目を無骨にして、より使い勝手を良くしたようなRTA。
味も申し分なく、リキッドの甘さを強く感じる印象。味はKayfunよりなのかも。

この価格帯で、この品質、機能性を備えたRTAは他にないと思いますので、
無骨なデザインが気に入れば買って損はないでしょう。

■買った場所
https://exvape.de/

※送料は9.90ユーロでした。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

IDA Concept RDA Fakirs Mods [VAPE:RDA]

DSC_2214.jpg

Fakirs ModsのIDA Concept RDAです。
初めに、Troy 1Xとキャップ形状以外ほぼ違いがありません。
分厚いプラスチックのケースとBuildデッキ付きな分高価です。
Vaper's Nestの中の人にリクエストして見たら、極々少量入荷していただきました。とても感謝をしています。

DSC_2215.jpg

キャップ裏はドーム形状です。
そんな事より、ケースの分厚さが気になります。
アトマが付いている鉄の板がBuildデッキになります。

DSC_2216.jpg

エアフローの穴を変更できます。
1.2mm、1.4mm、2.5mm、3.3mm(ネジ外した状態)
の調整が可能なのはTroy 1xと同じです。
というか見た目以外、Troy 1xと(以下、略)

DSC_2217.jpg

2.5mmにしてみました。
キャップ側で調整するサイド穴のエアフローコントロールはちゃんと効きました。

DSC_2218.jpg

こんな感じで組んで見ました。
こんな感じ以外に組めない気がするので、こんな感じに組みましょう。

DSC_2219.jpg

Achillesよりエアフロー部分が低いです。
Achillesで感じた「供給不足になりそう」な不安は感じませんが、その分ジュースウェルの深さは普通です。

DSC_2220.jpg

ボトムエアフローで味は美味しいです。

・Troy 1xの馬が気になる人
・ビルドデッキが欲しい人
・分厚いプラスチックケースが欲しい人
にお勧めです。

■買った場所
Vaper's Nest
※無理言って入荷して貰った事もあり、現在は品切れ中


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

DDP one V2 [VAPE:RDTA]

DSC_2126.jpg

DDP one V2は、縦置きコイルなRDTAです。
DDP twoでは駄目だったのでしょうか。

普通のドリップチップを使うには、510アダプタが必要です。
キャップはスレッド式です。
ドリチが付くフタの部分はOリングで嵌める奴です。

DSC_2127.jpg

3mm軸でビルドをします。
リキッド満タンでキャップを外すと漏れてしまうフローティングデッキ構造ですが、コイル下にピンセットが入るのでコットンビルドがし易くなっています。

DSC_2128.jpg

ステンワイヤー+ステンメッシュビルドしました。
エアフローが特殊で、右側の上部の穴から入った空気がコイル右側の穴から当たります。
ドリチが付くフタの部分を回すと上部の穴を小さくできます。

左の上部の穴からリキッドを補充します。
フタを外して簡単にリキッドチャージ出来るのは良い感じです。

DSC_2129.jpg

シンプルで良い見た目です。
特殊なエアフローながら味が良く出ます。
少しビルドがし難いですが、気にいって使っています。


■買った場所
知人から購入

Dee DesignのFacebookグループに参加して、リストを待てば買えるかも。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Animodz Biatch RDTA-BF [VAPE:RDTA]

DSC_2107.jpg

Biatch RDTA-BFは、フランスのAnimodzのRDTAです。
前作RDTAのPitbullは格好良いけどビルドし難くて味が普通だったのですが、今回はどうでしょうか。

なお「bitch」じゃなくて「biatch」です。
でも意味はbitchとほぼ同じ
床に股間を付けてるピンクの犬がお洒落です。
本家サイトでフィギュアも売っているので買いましょう。
最初買いそびれたのですが、まさかのフィギュア在庫復活で買ってしまいました。

DSC_2108.jpg

クリアキャップはオプション品なので別売りです。
付けるとこんな感じ。ALLクリアな外観に出来ます。

DSC_2110.jpg

初期状態ではBFピンが付いていますが、普通のピンも付いて来るので普通のMODでも利用できます。
キャップ横に開いた穴がデッキに繋がりボトムから出てくるボトムエアフローです。
キャップを外すとデッキ外周が開くので、リキッドが入れ易いです。
リキッドを入れた状態だと「カポッ!」と言う感じで、比較的楽にキャップが外せるので、キャップ外す勢いでリキッドをこぼす事は少ないでしょう。

DSC_2111.jpg

キャップ裏はドーム型になっています。
ちなみにクリアキャップはドーム型になっていませんでした。

DSC_2112.jpg

タンクは底までポリカーボネイト製。強いメンソールは控えた方が良さそうです。
割れるのが怖い人は予備タンクを買って置きましょう。

DSC_2113.jpg

デッキはAnimodz伝統のマイネスネジがデッキに直接ぶっ刺さってる奴です。
今回はコイルの足が逃げる事はなく、楽にビルド出来ました。
ネジの頭にコイルが当たらないように注意。
写真は、内径2.5mm、27gでビルドしています。

DSC_2114.jpg

ウィッキング。デッキ横が大きく開いているので非常に楽です。

DSC_2116.jpg

Animodzらしい見た目が格好良いRDTAです。
コイルが近いのでミストがやや熱いですが、ふんわりとしたミストが出て中々良い感じです。

デッキを宙に浮かせる事で、
・ウィッキングのし易さ
・リキッドの入れ易さ
・小さいサイズなのにボトムエアフロー
を実現しているは素晴らしいと思います。

■買った場所
Animodz

Animodzなので国内販売もあるかも。


nice!(1)  コメント(3) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Jorda B RDA KHW mods [VAPE:RDA]

DSC_2094.jpg

Jorda B RDAは見た目が可愛いKHW modsのシングルコイルビルドなRDAです。
最初にBFピンが付いているので気を付けて。
付属のピンは普通の穴開いてない奴です。

KHWて何の意味があるのだろうと調べてみたら、
郡山ハイウェイホテル別館
がヒットしたので、「KHWと聞いたら郡山のホテルを連想する呪い」に掛かりました。

DSC_2095.jpg

黒いドリップチップが付属します。
仕上げが非常に綺麗です。

エアフローが3つ穴と2つ穴から選べます。
MTLキャップを買うと、更に小さい2つ穴と小さい1つ穴に調整が可能です。

デッキは3分の1を最初から塞いである2ポールデッキ。
チャンバーを狭くして味を濃くしようと言う魂胆が伺えます。

DSC_2096.jpg

2つ穴のエアフローが目みたいなのが買った理由です。
愛嬌がありHadalyと通ずるものがある見た目です。
裏にはシリアルと猫がいます。

DSC_2097.jpg

ビルドは簡単でした。
ネジの内側にコイルの足を挟むとよろしいでしょう。

DSC_2098.jpg

コイルがエアホールに近づくのが美味しさの秘密です。

DSC_2099.jpg

見た目も良いですが、味も非常に美味しいです。
自然にビルドをすると美味しい位置にコイルの来るのが良いです。
エアフローを3つにしても軽過ぎず、ほど良い吸い心地です。
MTLキャップを使うとちょっと、自分には重すぎてしまいます。

唯一の欠点は、構造上、エアホールの逆側の穴からリキッドが滲む事ぐらいです。
リキッドを吸いきってからポーチ等にしまいましょう。

■買った場所
https://www.khwmods.com/

国内は、
いい感じのワイヤー Etc
から購入できるかも。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Nemesis by Atmomixani [VAPE:メカニカルMOD]

DSC_2085.jpg

ギリシャのModder AtmomixaniのNemesisをフリーマーケットで入手しました。
Gabishさんの記事が2013年12月なので、この記事を書いている時点から4年以上前のModなのですが、今も普通に公式サイトで売っています。

ネメシスのエングレーブが良いですね。

DSC_2084.jpg

裏は機関車のマーク

DSC_2086.jpg

大きく、トップキャップ、チューブ、ロックリング、スイッチからなります。
恐ろしいのが、それぞれ、SSポリッシュ、SSマット、ブラスポリッシュetc、などのオプションパーツが大量にある事です。
組み合わせ次第で、自分好みのチューブが出来てしまいます。

公式サイトを覗いてみましょう。
かなりの選択肢からパーツを選べます。
フリマで買ったのに、18650チューブを買おうして、気が付いたらもう一つ買ってると言う沼に嵌りました。

DSC_2087.jpg

トップキャップが分解出来て、17mm用や14mm用のスラントが付けられます。
未だと汎用的なスラントリングが一般的ですが、専用なのでマッチングも完璧でしょう。
散財が捗ります。

DSC_2088.jpg

スイッチ。デフォルトのエンブレムは機関車ですが、星座のエングレーブなどバリエーションがあります。
自分の星座のスイッチとか買いたくなるので散財が捗ります。

DSC_2089.jpg

スイッチですが、スイッチを押しながら真ん中の接点を回して電池の長さ調整をするタイプです。
KIYOMASAと同じと言えば分かり易いでしょうか。

DSC_2083.jpg

前からずっと存在していて、今でも変わらず売られている歴史のあるModは、所有欲を満たしてくれます。

■買った場所
3PCSフリマ

Atmomixani公式サイト




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | -