So-net無料ブログ作成
検索選択

DDP ONE by DDP VAPE [VAPE:RDTA]

DSC_1569.jpg

DDP oneはバーチカルコイルビルド推奨のチャンバーが狭いRDTAです。
偶然、Facebookにて、30個限定販売に出くわしてしまい、焦りながらオプション全部チェックしてゲットしました。
本体は$150なのですが、オプション全部付けたので、Shipping込み$276と言う、アトマイザとしては驚愕する値段に。
せっかく驚愕な値段になったのでフルオプションでお届けして行きたいです。

DDP oneは少し前、国内でも販売していましたが、最新のバッチは少しだけバージョンアップしています。

DSC_1570.jpg

中身。Reducerが白い色の素材に。前のバッチはウルテムだったような。
デュアルコイル用のReducerも付いて来ます。

DSC_1571.jpg

せっかくなので、オプションのウルテムドリチと、オプションのSS素材Reducerを付けて見ました。
SS素材Reducer、格好良いですね。普段見えないけど。
チャンバーが非常に狭いので、熱で溶けない安心感があります。

DSC_1572.jpg

外観。タンク部分はオプションのブラックタンクにしています。
そこまで見た目は変わらないかな…。
ウルテムドリチは好みで買っても良いかも。
ちなみに、スレッドで回してドリチを取り付けるため、510ドリチは付きません。

DSC_1573.jpg

トップキャップを分解。
インナーキャップ(写真右上)がSS素材に変更なっています。
オプションで、エアフローを軽くする穴が大きいインナーエアフローキャップもあります。
ドローは軽い方が好きな人は買って置きましょう。

トップからエアーが入って、インナーキャップのサイドの穴からコイルにエアーを送る、トップサイドフローな構造です。
右下のリングパーツでトップの穴を塞ぎ、エアーフロー調整できます。
吸い心地はやや重めです。

DSC_1574.jpg

ビルド。シングルコイルチャンバーを使った場合、構造上、バーチカルコイルでのビルドとなります。
ポジピン側のコイルの足がReducerに触れやすいので気を付けてください。
ピンセットで微調整した結果、少しコイルが歪んでおりますがご勘弁ください。

ビルドのポイントは、ネジのワッシャーの下側にコイルの足を挟むと供回りし難いので楽になります。
当然、Reducer外さないとビルド出来ません。

DSC_1575.jpg

Reduceの左にある穴からリキッドチャージできます。
この穴が非常に優秀でチャージがし易いです。

取りあえずのコットンビルド。
吸って見ます。
狭いチャンバーのアトマイザの味がします。
美味しいです。

DSC_1577.jpg

ジェネシスで吸って見ます。
2mmのステンメッシュワイヤーに#500のメッシュを巻きました。

コットンを抜いて、ステンメッシュに差し替えただけなのですが、全く別の味となりました。
他のアトマでも出来るし、やってみると面白いので試してみてください。

普段コットンに慣れてるので、はじめ違和感がありましたが吸ってる内に慣れました。
リキッド「ESEVANILLA」がコットン向きだったのか少し味が好みからは離れてしまいました…。

味ですが、K.Loud+Gに似ている気がします。
K.Loud+Gに味が似てそうだからと言う理由で、前に販売した時、購入しなかったのを今思い出しました。

ステンメッシュを炙っても酸化被膜ができない!と嘆いていたら、
ステンメッシュの焼き方を3PCSのオーナーであらせられるホリさんから教えてもらったので記録しておきます。

メッシュを炙ります。→メッシュを水に漬けます。
上記の工程を5回。
表→裏→表→裏→表
とひっくり返しながらやるのがポイント。
メッシュを筒状に巻いた後、仕上げにもう一度炙って完成。

同じような悩みを抱えてジェネシス離れしている方は、メッシュをジュッと水に漬けて見てください。
今回、やってみたら均等に黒い酸化被膜が出来ました。
(ただ炙ると虹色になるだけで中々メッシュが黒くならないです。)
セラミックピンセットまで水に一緒に付けると、急な温度変化でセラミックが割れるかも知れないのでそこはご注意を。

DSC_1576.jpg

高級そうな見た目とトップサイドエアフローで漏れにくい(漏れないとは言ってない)のがポイント。
今回の記事には載せませんでしたが、デュアルコイルジェネシスも楽しめる面白いアトマイザです。



SSBmods Competition box set [VAPE:メカニカルMOD]

DSC_1555.jpg

Competition box setは自分でメカニカルボトムフィーダーMODを組み立てるKitです。
ちなみに、SSBModsはSunBoxとSEBOXのコラボレーションブランドで随所にSunBox感やSEBOX感が感じられる製品群となっています。

Kit販売なので、沢山の部品が綺麗に梱包されて届きます。
組み立て説明書付きなので安心です。

DSC_1556.jpg

部品群。
・プラフレーム
・510コネクタ
・金属フレーム
・カーボンパネル
・シリコンボトル(CappyBFXの8.5ml)
・ボタン、ネジ、ピンなど

カーボンパネルのロゴが良い感じです。
写真に写っていないのですが、フレームパーツのバリ取りように、ヤスリとミニブラシが付いて来ます。
目だったバリがなかったので特に使うことはなかったのですが、気になる人はフレームの仕上げをしてから組み立てましょう。

DSC_1557.jpg

片方のフレームに金属フレームと510コネクタを組み付けます。

DSC_1558.jpg

金属のピンを穴に刺します。フレームのずれ防止ですね。
電池の下側とスイッチ部分に黒い筒状のゴム(固いスポンジかも)を差し込みます。

DSC_1559.jpg

スイッチ機構のアップ。
金属のアームが510のマイナス極に触れて通電します。
黒いゴムの反発力でアームが戻る機構です。

DSC_1560.jpg

もう一つのフレームパーツでフタをします。
形が見えてきました。

DSC_1561.jpg

ロゴが付いたカーボンパネルにネジ穴があります。
写真のように、本体とパネルをビス止めします。

DSC_1562.jpg

完成です。
図入りの説明書が付いていたのでほとんど迷う事がありませんでした。

小さいナットが余りました。510下側でポジピンを固定するナットでした。
忘れずに取り付けましょう。

DSC_1567.jpg

カーボン!な見た目は好みが分かれる所ですが、硬派で良いです。
最初からシリコンボトルが付いて来るのも良いですね。
フレームを2つ組み合わせる構造上、ちょっと本体中心の溝が気になるところ。

ボタンの押し心地は、軽く、浅いです。
押し易いのですが、ゴム反発なのでフニッとした感触です。

DSC_1568.jpg

ロゴパネル側。
右上の穴に、絶縁体を差し込むとスイッチが効かなくなります。
絶縁体差し込みロック用途の穴なのか、スイッチの接点をチェックする穴なのかは謎です。

組み立てる楽しみ(人によっては手間)がある面白いMODです。
スタビパネルなどのオプション品や色違いのフレーム等も販売しています。
(ただし売り切れが多い。)

難を言えば、メカBFで自分で組み立てるにしては、価格が高い事でしょうか。


■買った場所
SSBMods

※自分が買った時の送料は24.9ユーロでした。


Hellfire ViperX [VAPE:RDA]

DSC_1542.jpg

Hellfire ViperXは16mmのボトムフィーダー専用アトマイザーです。
穴の開いたピンしか付いてないので気を付けて。
付属品は予備のOリングとネジ1つです。ただ袋に入って届きました。

ちなみに買い方ですが、FacebookでHellfireグループを監視して購入の機会を得ました。
根拠はないのですが、過去の傾向からVapeVillegeでも入荷の可能性があります。
(入荷しなかったらすいません。)

トップにエングレーブがあります。
「X」とか付けてしまうと次に名前付ける時困るんじゃないでしょうか。

DSC_1543.jpg

外観です。シンプルで良いです。
ブラシ加工が他のアトマイザーより丁寧な印象。
たぶんブランド効果とプラシーボ効果ですが、全力で乗っかった方が人生楽しいので、ブラシ加工が丁寧と言う事にしておきます。

DSC_1544.jpg

エアホール。
なんと1mmの穴がもう一つ開いてます。
重いドローが好きな人も満足できる作りです。
エアフローの調整が軽過ぎず、重過ぎず、非常にやり易いです。
Hellfireだからこその精度と言ったところでしょうか。

DSC_1545.jpg

デッキです。なんの変哲もないデッキに見えますが…

DSC_1546.jpg

プラス側が紙一枚浮いてます。
マイナス側に触れてショートしそうで怖いのですが、精度に自信があると言うことなんでしょう。

DSC_1547.jpg

プラス側が浮いているので好きな位置に自由に移動可能です。
せっかくなので微妙な角度に移動をしてみました。

DSC_1551.jpg

こんな感じでビルドしてみました。
プラス側のコイルの足がキャップに触れないように、根本からしっかり切断する必要があります。
自分はプラス側だけ、Uの字にワイヤーを巻いて、内側で足を切りました。
ワイヤーが逃げないように、マイナスネジの横にガイドがあるのですが、26Gだと隙間から逃げてしまいあまり意味がありませんでした。
太いワイヤーなら効果があると思いますが、16mmアトマで太いワイヤーはどうなんでしょう。
エアフローの穴を最大にすれば、低抵抗でも問題ないのかも。

DSC_1548.jpg

デッキの裏です。シリアルNoはありません。
やや太めの六角でポジピンを抜く事ができます。
デッキ位置を変更する時は、ポジピンを一度抜いてください。

DSC_1549.jpg

キャップ裏。
段になっています。流行りのドーム型ではないです。

DSC_1550.jpg

何より見た目が良いです。
味は普通にビルドしただけなので普通のサイドフローの小さいアトマの味がします。
Odis-16の方が美味しいのですが、ポジティブの位置が自由に変えられるので色々と工夫のしがいがあるかと思います。




Wasp nano RDA by Oumier [VAPE:RDA]

DSC_1531.jpg

OumierのWasp nano RDAです。
価格が非常に安いのが特徴で、BFピン付です。
Oumierは聞きなれないメーカーです。オオミヤ?大宮?

メーカーのページを見るとNANOじゃないWASP RDAはないみたいです。
メーカーページだと、WASP NANO MINI RDAと「MINI」まで付いてますね。
「NANO」且つ「MINI」なのですが、22mm幅の普通の大きさなので安心していただければと思います。

DSC_1532.jpg

裏には蜂のマーク。
WASP感を演出しています。

DSC_1533.jpg

コイルの近くまでエアーを導く流行の形状。
ただ、エアフローの穴が非常に大きいです。
この穴が小さければ、自分好みの本当に良いRDAだったのではと思わざるを得ません。

DSC_1534.jpg

ワイヤーの足を止めるところ。
ワイヤーが逃げないようになっているのが素晴らしいです。

DSC_1535.jpg

エアホール大きいので、余ってたノッチコイルを取り付けました。
ビルドも簡単です。

DSC_1536.jpg

黄色いキャップと透けてる黒いオーリングの見た目が蜂っぽいです。
久しぶりにノッチコイル使って見ましたが、立ち上がりが早くて良いですね。
味の出方もまずまずと言ったところですが、小さいコイルだと、エアホールが大きいせいでちょっと物足りないかも。

エアホールですが、思っていたよりは絞れましたが軽目です。
重い吸い心地が好きな方にはお勧めしません。
Hadalyぽい運用が出来る低価格なアトマが欲しいと言う人は買って良いのでは。
あと、ボトムフィーダーMODを勢いで買ったけど、BF対応アトマを持ってない人が試しに買ってみるのも良いでしょう。

■買った場所
Nexmoke

Nexmokeを何時も「ネクスモーク」じゃなくて「ネクスモケ」と読んでしまいます。



NoName Plug-in [VAPE:RDA]

DSC_1462.jpg

NoName Plug-inはボトムフィーダーに特化したアトマイザーです。
穴なしピンは付いて来ないので、ボトムフィーダーに対応したMODじゃないと使えません。
気を付けてください。
そもそも、付属品が何一つ付いて来ません。

大きめの黒い袋に小さいアトマが1つだけ入って来るのですが、米粒サイズの芋ネジがデッキから外れていて、いきなり失くしそうになったので気を付けてください。
砂利の上とかで開封しないようにしましょう。

DSC_1461.jpg

キャップの裏。
少しだけテーパーがかかっています。
サイズは20mmと中途半端です。
エアフローは大と小の2種類です。
穴が1.2mmと極小のオプションキャップが別売りであるので、ドローが重いの好きな人は買っておきましょう。

DSC_1460.jpg

エアフローの入口に滑り台のようなパーツがあり、空気の流れを斜め上方向に導きます。
もの凄いリキッドが漏れそうな作りに見えますが、ほとんど漏れません。
Hadalyより漏れないです。と言うかHadalyを失くしました。悲しいです。

話を戻しましょう。
吸った感想は素直に美味しいです。
意外にもボトムフローに近いミストが出ます。
ビルドも2ポールで非常に楽ですので、自分に取って失くしたHadalyに変わるRDAとなる事でしょう。

■買った場所
http://www.vapstor.fr/en/



Odis–16 by Odis Collection & Design [VAPE:RDA]

時間がないので手短に。
Odis–16 は、16mmのRDAです。

DSC_1450.jpg

付属品は写真の通りです。
BFピン付。もちろん普通のRDAとしても利用可能です。

DSC_1452.jpg

キャップの裏側です。
テーパー加工がしてあります。

DSC_1451.jpg

デッキ。このデッキを見て買う事にしました。
エアフローが一つなのに、ちゃんとO-Attyっぽい作りになっています。
アップで見ると精度の良さが分かります。

DSC_1453.jpg

マイクロコイルで組みました。
そのままだと、ケミカルな香りがするので良く洗ってから使いましょう。

DSC_1448.jpg

味は普通かな?
シルキーなミストが出ますが、香りと味の濃さはそこまで感じないです。
それよりも外観が好きです。
ウルテムのドリチはついでに購入したものです。

DSC_1449.jpg

16mmなのでやっぱりBF運用。

ちょっと高価です。
見た目が好きなら買っても良いかも。

ちなみにマッチリングはJMKの22-16 V2です。

■買った場所
http://www.odiscollection.com/

送料は$30でした。


Baby Nipple RDA by TjT [VAPE:RDA]

DSC_1436.jpg

TJTのBaby Nipple RDAは直径18mmで背の低いRDAです。
TJTは「The Juice Traveler」の略です。
Modderの名称は正式には、「The Juice Traveler Exclusive Creations」ですが、TJTで良いと思います。
黒いビニール屑の詰まった小さい缶に入って届きます。
缶がボコボコでも、海外通販あるあるなので、気にしないようにしましょう。

DSC_1435.jpg

付属品。Oリング、予備ネジの他に、BF対応じゃない普通のピンも付いてきます。
後、エアフローをコントロールするための芋ネジ。
凄く小さいのでなくさないようにしましょう。
芋ネジを付けると写真のような見た目になります。

DSC_1434.jpg

キャップとデッキ。
キャップにエアフローの穴が2つ開いているのですが、何故か対極ではなく、120度ぐらいの位置に開いています。
エアフロー調整の芋ネジは1mmと1.5mmのものが2つずつ付いて来ます。
当然、穴を塞ぐための芋ネジも付いて来るのでエアフローを1つにすることも可能です。

デッキは写真の通り。
穴が開いてますが、1つだけエアフロー調整の芋ネジを搭載出来ます。
一番の特徴は、ポジティブの位置を移動できること。

DSC_1437.jpg

最初のポジティブの位置はシングルコイル用。
ビルドし易くて良いですね。
2つのネジの内側に、両方のコイルの足が来るようにすると楽に、キレイに組めます。

DSC_1439.jpg

ポジティブ位置を90度ずらすと、デュアルコイルでも組む事が出来ます。
ただ、面倒臭い割にそこまで味が美味しくなる訳ではないので余りお勧めはしません。
エアフローの穴が対極にないので、今ひとつコイル位置と合わないのですが、不思議と普通に味がでます。

DSC_1438.jpg

外観。エアフローに芋ネジを付けると少しメカメカしさが出ますね。

DSC_1432.jpg

芋ネジを付けない見た目の方がやはり良いです。

DSC_1440.jpg

キャップ裏。
キャップに丸みを持たせるために肉厚になっているためチャンバーが非常に狭いです。
そのため、14mアトマのような濃いミストが出ますが、背が低いのでよりダイレクトな印象を受けます。
今はどのショップも売り切れてしまっていますが、BFと小さいRDAが好きなら買って損はしないかと。
何より見た目がカワイイので。

■買った場所
DOT-MOD
※現在は品切れ中




MaTo Box [VAPE:メカニカルMOD]

DSC_1423.jpg

MaTo Box はイタリアのボトムフィーダーメカニカルMODです。
このような箱に入って届きます。
made in italy!

DSC_1424.jpg

本体は丁寧にラップに包まれています。

手書きの透明なカード。
右側の赤いカードは所謂オーセンティックカードのようです。
イタリア語でシルバー999と書かれているのでBOX内部の板は純銀のようです。
箱の下にあるプリントは取り扱い説明書。
・被膜の破れた電池は絶対使わないで!
・+が下になるように電池を入れて!
と言った事がイタリア語と英語で書かれています。
右側のロゴ入りの丸いプラケースは、空っぽでした。
なんのケースだろうと思っていたら、モッダーから
「丸いケースにはポリッシュクリームが入るけど、今回は充分に磨いたから入れなかった。」
と言うことで「最後の仕上げは自分で」バージョンなんてものが出るのかな?
英語が苦手なので意味を取り違えている可能性もあります。

「もし傷が入ったらポリッシュクリームで磨いて傷を落としてね。でも凄く時間がかかるよ!」
と言っていたので、注文してポリッシュクリームが入っていたらラッキーぐらいな気持ちでお願いします。

DSC_1425.jpg

外観。赤い木のドアが美しい。
「PADOUK」と言う木材らしく、調べたらアフリカの木材で乾燥に強いらしいです。

DSC_1426.jpg

白いボディー部分は、デュポン社のコーリアン
いわゆる人工大理石で、陶器のような艶と質感があり、デルリンとは違った高級感があります。
すこし重いですが。

DSC_1427.jpg

中身です。
通電させる板パーツが純銀のようです。確かOctopusも純銀だったはず。

一つ注意事項があります。
コネクタについている「r字」型のパーツ。
緩んでいると回転してボタン側の金具に接触して通電する可能性があります。
「r字」型のパーツが緩んでいる場合、使用前に下のナットを増し締めしてください。
特に、コネクタピン調整後は緩むので必ず増し締めを。
(一回傾けただけ通電して焦ったので)

ボトルは残念ながら柔らかくないのですが、キャップの裏にラバーが貼ってあり空気が漏れて供給がされないと言ったことはなさそうです。
(スーパーソフトボトルだとたまにある。まぁオーリングをかませば解決しますが。)
Sunboxのシリコン製ボトル Cappy V4Sを入れて見ましたが、微妙にCappyのフタがボタン部分に干渉し、実用に耐えない程度にボタンが固くなるので使えませんでした。

下側の大きい「L字」パーツは電池とボトルを取ると簡単に外れるので落としたりしないようにしましょう。

DSC_1429.jpg

MAV FXと書かれたコネクター。
ブラスが美しいですね。
マイナスドライバーでピン調整が可能ですが、調整後、下側のナットの増し締めをお忘れなく。

DSC_1430.jpg

ドアパネル。MATOのロゴがエングレーブされています。

DSC_1431.jpg

シリアルNoと電池に付く磁石。
精度的に「ややゆるめ」のため、電池を入れないとパネルがボディに付きません。

DSC_1432.jpg

素材にこだわった美しいメカBOXだと思います。

価格は税抜きで180ユーロ。(通関時消費税は800円でした。)
送料は保険なし45ユーロ、保険ありで55ユーロ。少し高いかな。
特に何も指定しないとUPSになるようです。

まだ知名度がないModderなので、現時点で入手性は高いと思います。

■自分が購入した方法
Facebookページ
https://www.facebook.com/MaToBox/
にイタリア語で「予約受付中!PMでx1と送ってね。」
と書いてあったので、ページ右上の「メッセージを送る」から
「x1」と「Can I make a reservation yet?」と送信。
後はGoogle翻訳を駆使して指示に従い購入しました。
やり取りは英語でOKでした。
Paypal登録してないと買えないので気を付けてください。

では。


PRISM by T.O.C Mods [VAPE:RDA]

DSC_1376.jpg

PRISMは形が特徴的な韓国産のRDAです。
前から気になっていて、T.O.C ModsのFacebookをチェックして手に入れました。

【買い方】
リストが開くとGoogleフォームが公開されます。

Googleフォームで名前、Paypalメールアドレス、TELを入力

Paypalメールアドレス宛に請求書が届くので支払います。
配送先住所は、Paypalで支払う時に連絡する住所となるのでご注意を。
日本語のままだと不安なので、海外向けのローマ字表記の住所にして支払いを。

Googleフォームに記載された発送予定日が来ると発送が開始されます。
郵送方法はEMSですが距離が近いので届くのが早いです。

DSC_1385.jpg

デッキ裏には、キレイにロゴが彫られています。
付属品は、予備ネジと予備オーリング、工具が付いてきます。

DSC_1379.jpg

エアフローはサイドに丸い穴が3つ開いています。
コントロールは芋ネジで行います。上の穴に付属の六角レンチを入れてまわすと…

DSC_1380.jpg

芋ネジで穴が塞がる仕組みです。
工具を使わないといけないのは少し面倒です。
また、芋ネジを回す感触が固く、なめてしまいそうで少し不安になります。
ただ、塞いだなりにちゃんとエアーが絞れます。

DSC_1382.jpg

トップキャップの裏側です。
外観は三角形ですが、内側は円形です。
特にテーパーはかかっていません。
サイドだけでなくデッキ側、下方向にも穴があります。
どんな効果が生まれるのか楽しみです。

DSC_1377.jpg

ビルドします。
中々、変態的な構造のデッキです。
最初、どう固定すれば良いか分からず公式動画を確認しました。

上側からコイルの足を入れて芋ネジで固定するか、写真のように穴にコイルの足を入れて芋ネジで固定します。
少しだけ面倒くさいです。ピンセット使わないと難しいかも。

DSC_1378.jpg

芋ネジで足を止めて不要な部分を切ります。
きつく締めるとコイルが崩れるので軽めで止めました。
穴を通しているので、軽めに止めてもしっかりと固定されました。

DSC_1381.jpg

コットンはふんわりさせるのがセオリーなのですが、
今回はエアフローの邪魔をしないように少な目に、低くセッティングしました。

DSC_1383.jpg

エアフローが3か所だと、穴の位置をどうしようか迷いましたが、1つの穴がコイルの真横から、他2つが斜めから当たるようにしました。
吸って見ます…。

おいしいです。
普通にシングルのマイクロコイルで、出力が17Wと普通のWなのに、煙の量が多く感じます。
煙のロスが非常に少ないと感じます。
ボトムフローともまた違う、なかなか柔らかめの蒸気が楽しめます。

DSC_1386.jpg

この外観はSMPLに合いそうなのでポジピンチェック。
一応は出っ張っています。

DSC_1387.jpg

なかなか良い見た目。
もう少しだけポジピンが出てたら安心して使えるのですが…。

DSC_1384.jpg

ちなみに、510ドリチはこんな感じで着きます。
最初についているワイドボアドリチ?が510サイズと言う奴です。
でも、そのままドリチを付けずに吸った方が美味しいです。

$120 + 送料$30
決して安くないけど、変わったアトマが欲しい人はリストが開くのを待ちましょう!

■買った場所
T.O.C Mods Group



ARMOR RDA 1.0 by ARMOR MODS [VAPE:RDA]

DSC_1340.jpg

ARMOR MODSのARMOR 1.0をゲットしました。
わざわざ名前に「1.0」と付いているのがちょっと気になります。

【購入フロー】
ARMOR MODSのFacebookページを監視

販売グループへの招待告知にx1コメントをする。(先着X名)

しばらくすると販売グループのURLがPMで届く。

販売グループで販売のアナウンスを待つ。

LISTが開いたらGoogleフォームに住所などを入力して購入(早いもの勝ち)

と言う、購入まで面倒くさい手続きが必要なRDAとなります。
LISTが開いて1分以内にGoogleフォームを埋められればたぶん買えます。
手続きが面倒くさい分、無事買えた時の喜びと言ったらないです。

付属品は、BFピン、510ドリップチップアダプタ、オーリング、予備ネジが付いて来ます。

DSC_1341.jpg

分解するとこのような感じ。
シングルコイル用のロゴ入り「Reducer」(デッキの片側を塞ぐ奴。カタカナで入力するとレドューサー?違和感があるので英語のままで)
センターにある2ポールが特徴。

DSC_1345.jpg

トップキャップがばらせます。エアフロー調整可能です。

DSC_1342.jpg

特徴のあるデッキをアップで。携帯用マクロレンズを買ったので無駄に接写します。
アップで見ると絶縁の構造が良く分かりますね。
エル字型のPEEK材らしきもので絶縁されています。
真ん中の穴はBFピン使用時、リキッドが出る穴です。

DSC_1343.jpg

キャップの裏側です。
エアホールの真ん中に仕切りがあり、分かれています。

DSC_1344.jpg

エアホールを3分の2まで塞いだ時のアップ。
どのぐらい塞がっているのか、仕切りがあるため目視では分かりにくいです。

DSC_1347.jpg

取りあえずシングルクラプトンで組みます。
中央にポストがあるので、コイルの足を広げる必要がなく非常にビルドがし易いです。
「Reducer」も格好良いです。

DSC_1346.jpg

3ミリ径でコイルを巻きましたが思ったよりも余裕があります。
3.5ミリ径がギリギリのラインかも。

DSC_1348.jpg

エアフロー全開で吸って見ます。(Reduserを使っているので1つ穴)
平べったいエアフローから「スィーーー」とミストが来て良いです。
濃すぎず薄すぎず、バランスの良いミストが出ます。
悪い言い方をすれば普通と言う事ですが、普通って安心感が良いです。

DSC_1349.jpg

オプションで、黒いエアフロー止めリングと、ウルテムドリチ、黒い510ドリチアダプタがあります。
オプションは本体とは別のリストで購入出来ます。

自分は、本体買う時にオプションのチェックボックスがあったので、
取りあえず何も考えずに全部チェックしましたが、結構な金額になるので気を付けてください…。
(オプションに迷ってるとそもそも本体を購入できないので注意)

DSC_1350.jpg

見た目が好みであれば、本体だけならそれほど高価ではない($95)のでお勧めです。