So-net無料ブログ作成
検索選択

VPL Stratum LS [VAPE:テクニカルMOD]

DSC_1324.JPG

VPL Stratum LSはStarplatチップを搭載したテクニカルMODです。
プラスチックとステンレス素材のMODなのですがシンプルなデザインに魅了されて買いました。
サイドには、STRATUM LSの文字。

DSC_1323.JPG

逆には、VPLのエングレーブ。

DSC_1325.JPG

フロント。これまで買ったMODの中で、一番好きなフロントの見た目。
ボタンは1つだけです。
操作はQuantum と同じ、3クリックでメニューで傾けて選択です。
細かい操作説明は省略します。

DSC_1322.JPG

裏側。90度フタを回すと外れます。
電池を入れた時のバネの反発でフタが押されて取れるので、電池なしでフタを閉めないように。
取れなくなります。
少し不便です。

DSC_1318.JPG

StratumRと大きさを比較。
下がR、上がLS。LSの方が少しだけ細く長いです。

DSC_1319.JPG

高さも比較。3mmぐらいLSの方が背が低いです。
StratumRも小さいのですが少しだけ、更に小さくなってます。

DSC_1313.jpg

見た目が好きなら買って損はしないかと思います。
LS-GLASSと言うQuantumのようにボタンが隠れたバージョンもあります。
でも、LS-GLASSには何故か竜のエングレーブ…。
モダンなデザインなので普通のエングレーブが個人的には良かったです。

■買った場所
http://rusmods.com



MINUTA by Strangers Mods [VAPE:テクニカルMOD]

DSC_1292.jpg

MINUTA はイタリアのStrangers Modsが作った小型のMODです。

Strangers Modsは、INDOCILEと言う非接触(Qi)充電機能を備えたMODも作っていて、INDOCILEのチタンバージョンをずっと欲しいと思っていたのですが、値段が非公開で「facebookでPMを送る」と言う購入方法のため、ちょっとハードルが高く見送っていました。
facebookの使い方や作法を覚えて、PMしようと思ったらチタンバージョンのみ売り切れ。
そんな時に、MINUTAの画像が。
どちらかと言うと小さいMODが好みのため、販売を待って遂に手に入れたのでした。

チップはDNA75、SX350J-V2の2種類から選択可能。
自分の購入したのはDNA75のモデルです。

真っ黒い木の箱に入って届きました。

DSC_1296.jpg

小さいと言っても極端には小さくありません。
大きさが小さいと言うよりも、デザインが格好良いの一言に尽きます。
マット塗装が丁寧で質感が良いです。

機能的な部分では、電池のフタが工具なしで開けられ、MODと一体となっているのが便利。
ただ、フタの開け心地はちょっと固いです。

DSC_1294.jpg

反対側には小さくMINUTAのロゴ。

DSC_1298.jpg

INDOCILEでは後でエングレーブモデルだったり、チタンバージョンだったりを製作していたので、少し待って、もっと格好良いバージョンが出るのを待つのもありです。
実際、予約した後にシルバー+ゴールドバージョンの告知が…。

買い方がModderに「facebookでPMを送る」と言う、facebookでVape関連のやり取りを初めたばかりだったり、英語が苦手な私のような人には、ちょっとハードルが高い購入方法となります。
また、海外Modderと直接やり取りする際は、Paypalの登録が必須となります。
本当に欲しいなら、Paypalの登録をした上で、勇気を出してPMしてみましょう。
対応が非常に丁寧なので、やり取りで迷う事は、あまりないはずです。

直接買うより高価になってしまいますが、日本のショップでも取り扱いがあるようです。


VPL Quantum [VAPE:テクニカルMOD]

DSC_1284.jpg

VPL QuantumはStarplatチップを搭載したアルミボディのMODです。
本当は、柄のない真っ黒なモノリスみたいな奴が届く予定だったのですが、発送ミスで柄付きが届きました。
柄付きは買いたくても買えないし、丁度マッチするドリチも持ってたので良しとします。

一番の特徴は、ボタンがないシンプルなデザイン。
ボタンの替わりに、透明になっている上側(写真では左側)が、ほど良いクリック感で押せるようになってます。
面積が広いので下手なボタンより押し易いです。

DSC_1282.jpg

底面は電池のフタとUSB。
シリアルNOが刻まれてます。

電池の微妙な長さ違いは奥のスプリングで調整されます。
注意点として、電池を入れずにフタを閉めないようにしましょう。
電池が入っているとスプリングで押されてフタが自然に外れるのですが、
電池を入れずにフタを閉めるとフタがハマってしまって外れなくなり難儀します。

そもそも、フタを開けるのにコインがいるのがちょっと嫌です。

DSC_1283.jpg

510コネクタはスプリング調整ではないのでアトマによっては少し浮くかも。

DSC_1285.jpg

+-ボタンがないからなのか、特殊なFirmWareバージョン「1..100」となってます。
操作が普通のStarplatと異なり、
3クリックでメニュー→ジャイロセンサーでメニューを選んでクリックで決定
とシンプルな操作体系に。
電源ON、OFFは7クリック。3クリック操作だけになったのだから、せっかくなら5クリックにして欲しかった。

このFirmWareバージョンは公式サイトでダウンロード出来ないようなので、間違ってバージョンアップしないようにしましょう。

DSC_1289.jpg

最初からSSワイヤーに対応しています。
ニッケル、チタン、SS304、SS316L、SS317L、カスタム設定
が最初から選択できます。

DSC_1274.jpg

この見た目が全てなMODです。

アルミ製なので写真で見るよりも高級感があります。
ただ、もっと安い価格で Stratum LS GLASS が出てしまったのでどうなの?
と言う感じです。
Starplatチップの変わったMODが欲しい。でも、スタビやプラスチックは嫌だ。
と言う人(いるのか?)にお勧めです。

■買った場所
RusMods shop


Bacco by Da Vinci Mods [VAPE:メカニカルMOD]

DSC_1264.jpg

Baccoと言えば最近流行りのリキッドを思い出す人も多いと思いますが、
スタビライズドウッドを使ったメカニカルのボトムフィーダーMODです。

「荒野の聖ヨハネ」のパッケージに入って届きました。
絵のタイトル書いてあったら頭良さそうに思ってもらえるかも?と思ってググってタイトルを調べました。
どうですか?

DSC_1265.jpg

裏はスケッチになってます。
エキスパートなユーザ向け!適合する電池を使え!
と書いてあります。
メカニカルMODですので気を付けて。

DSC_1266.jpg

外観です。
スタビなので一点もの。
写真で見た時は、鮮やかな青に見えたのですが紫が僅かに混じっています。

DSC_1267.jpg

パネル側です。カーボンパネル。
個人的にパネルもスタビだったら100点でした。
パネルの裏の写真を撮り忘れましたが、電池に当たる部分に磁石が着いていて固定されます。
Octopusと同じですね。

DSC_1268.jpg

コネクタ部分です。
模様が彫ってあって綺麗なんですが、アトマの底にダメージをあたえそう。
シリアルNOが削れたりしないように、あまり強く締めないようにしましょう。

DSC_1269.jpg

中身です。特にロゴなどは彫っていません。電池の+が下になるので気を付けて。
外見はスタビで豪華なのですが、Octopus ModsやCrazy Mainer Modsと比較すると一番簡素な作りです。
そのためなのか、サイズは他のMODと比べ少し小さいです。

DSC_1270.jpg

ボタン部分。
板が+極に触れて通電します。
ボトルはスーパーソフトボトルなのですが、金属部分に模様があります。
このMODのために特注したものなのかも知れません。

DSC_1271.jpg

DSC_1272.jpg

スタビのMODは普通、非常に高価なのですが、このMODはそこまで高くありません。
(と言っても高いと言えば高いですが…。)
スタビのBFMODで値段もそこまでは高くなく、有名な「Da Vinci Mods」と言うのがポイント。
気に入った色のものがあれば、買っても損はしないと思います。

ちなみに、勢いで同じ機構のMODを3つも同時期に買いましたが、一個もっていれば充分です。

■買った場所
http://www.youvape.fr/

Facebookページに写真が載っていたのでVape Villageでも販売するかも。


L’Octopus Silver Black Edition by Octopus Mods [VAPE:メカニカルMOD]

DSC_1250.jpg

Octopus Modsのメカニカルのボトムフィーダー
L’Octopus Silver Black Edition
を買いました。
しっかりとした箱に入っています。

DSC_1251.jpg

MODと一緒にパネルも購入しました。
しかし、2枚ともWEBページの写真と違うパネルが届きました。

赤いパネルを頼んだのですが在庫が実際はなかったのか、WEBでは売っていない買ったショップyouvapeロゴが入ったパネルが入っていました。
検品のシートに「!」のマークが…。
普通は買えないパネルが入っていたということで良しとします。

DSC_1252.jpg

外観です。角が取ってあってCrazy Mainer Modsと違って持ち易いです。

DSC_1259.jpg

裏です。3Dプリンタの跡がありますが、Crazy Mainer Modsとは目の細かさに雲泥の差があります。
良い3Dプリンタを使っているんだと思います。

DSC_1253.jpg

最初についているパネルです。
3Dプリンタの質感を活かしたパネルになっています。
タコマークが白くなっているなど凝っています。
色んなパネルが存在していますのでお好みのパネルを買えば良いと思います。

DSC_1254.jpg

パネルの裏には電池部分に磁石が。
電池に付けて外れにくくする機構ですが、しっかりパネルがハマるのでなくても良いかも。

DSC_1255.jpg

ボトルです…。
どこかで見た事ある奴ですね。
「プラ」の文字が海外では受けるのかも知れませんが、自分は他のボトルに変更しました。

DSC_1256.jpg

中身です。丁寧にロゴが彫られています。下が+ですので気を付けて。

DSC_1257.jpg

ボタン部分。
Crazy Mainer Modsと同じです。
自分の買ったものは木製ですが、色々と売っていますので好みのものに変更できます。

DSC_1258.jpg

510コネクタ部は特に特徴のない形式。調整機構はなさそうです。

DSC_1260.jpg

3Dプリンタを使ったボトムフィーダーMODとしては、非常に質感が良く素直にお勧めできます。
スタビパネルのものや、全てスタビのバージョンも存在しており、好みのものが売りに出されていたら買うと良いかと思います。

写真に写っていない箇所に、小さいタコマークのエングレーブがあります。
買った時のお楽しみと言うことで。(写真撮り忘れただけ)

■買った場所
http://www.youvape.fr/

■公式サイト
http://www.octopus-mods.com/



Cock by Crazy Mainer Mods [VAPE:メカニカルMOD]

DSC_1237.jpg

Crazy Mainer Modsの「Cock」です。
メカニカルなボトムフィーダーMODを集めようと決意した矢先にVapeVillageに入荷したので買いました。
写真見て、ダイソーが本気を出せば100円で売ってくれそうな見た目に、
「コレを高い金だして誰が買うの?」
と思った方もいるでしょう。私が買います。
「なにが良いのか分からない…。」と言う人も多いと思います。

そして、これと似たようなMODがあと2つ届きます…。

DSC_1238.jpg

裏は特にアクセントもなく黒いプラスチックの箱です。
3Dプリンタで出力したよ!と言わんばかりの格子状の跡が特徴と言えば特徴です。

DSC_1239.jpg

ボトルはスーパーソフトボトルです。
箱の中に電池の+-の模様が。+が下です。気を付けて。
言い忘れましたが、予備の付属品等は一切ありません。

DSC_1240.jpg

ボタンを押すと金属板を押して+極に触れ通電します。
有名なFrankenSkullと同じ機構ですが、ここまでシンプルな機構だと、真似をして作られたのか、一般化している機構なのか分かりません。

DSC_1241.jpg

特徴であるコッコがあしらわれたパネルです。
何かにひっかけたら剥がれるのでは?とちょっと不安になるので気を付けようと思います。

DSC_1242.jpg

裏側です。なんと磁石がありません。
見た目はチープなんですが細かい所の作りはしっかりしていて、良い具合に本体にパネルがはまるので、磁石がなくても不安がありません。

このタイプのMODはシンプルが故にロック機構がないのですが、
ENNEQUADRO MODS OFFICIAL GROUP
にて、簡単に絶縁出来る方法の動画が挙がっておりましたので紹介したいと思います。

DSC_1243.jpg

シリコンチューブの切れ端に、カッターで切れ目を入れたものを用意します。

DSC_1244.jpg

チューブの切れ目を板の端の+極に当たる部分に被せます。
これだけで通電しなくなります。

DSC_1245.jpg

吸う時はBOX内の適当な場所に挟んで収納しておきましょう。

DSC_1247.jpg

この見た目を気に入るかどうかが全てなMODです。
「Crazy Mainer Mods」のFacebookグループでボタンやパネルのオプションパーツを売ってたりするほか、ロゴデータを渡すとオリジナルパネルも作ってくれるようです。
気になる人は参加してみましょう!

■買った場所
VapeVillage



Vario by T.O.C Mods [VAPE:RTA]

DSC_1221.jpg

Varioは兎に角小さいRTAです。
何処かで見た事のあるケースに入って届きました。

DSC_1222.jpg

変な形のドリップチップが付いて来ます。
予備のウルテムタンクはオプションです。
写真にはないですが、予備のネジが2本付いて来ます。

DSC_1223.jpg

裏はキレイにロゴが彫られています。

DSC_1224.jpg

タンク上のリングを回して外すとリキッドを入れる穴があります。
小さいのにトップフィルです。

DSC_1225.jpg

デッキはこんな感じ。
デッキのサイドにある穴から空気が入り、コイルしたから出てくるボトムエアフローです。
エアフロー調整は残念ながらできません。
穴の大きさは、Doggystyle2K16の全開時とほぼ同じです。

DSC_1226.jpg

組んでみました。28gで適当にくんだら1.4Ωぐらいになりました。
ウィッキングが横に垂らすだけで良いのですごい楽です。

DSC_1227.jpg

タンクを締めた後に、写真のようにトップの窪みに細いものを差し込んで時計回りに回し、スレッドを絞め込んでください。
スレッドを絞めないとチャンバー横に隙間が出来るのでリキッドがダダ漏れになります。

DSC_1228.jpg

ドリップチップを付けて完成。
吸って見ます。
!!!
小さいだけかと思ったら、Doggystyle2K16に匹敵する美味しさ。
コイルが吸い口に近いのでダイレクトな味と香りが楽しめます。

小さくて見た目も良くて美味しくて良いのですが、全体的にスレッドが荒いです。
尖ってる感じ。
タンクのスレッドが削れたり、ドリップチップのOリングがトップの窪みで削れたりします。

リキッド漏れなどは、しばらく使って様子を見たいと思います。

■買った場所
T.O.C Mods Group
https://www.facebook.com/groups/257300977938882/
※リストで購入。公開グループなのでリストが開くのを待てば買えるかも。



Mad Monkey Mods STRIKE 14mm(本当のサイズは15mm) [VAPE:RDA]

DSC_1167.jpg

Mad Monkey Mods STRIKEはボトムフィーダー用のアトマイザです。
14mmと18mmがありますが、14mmの方を購入。
箱が何故かゴリラです。そこは猿ではないのか。

2017/5/24 追記:
14mmのリングが入らないケースが多く、ちゃんと測ってみたら15mmでした!
なんとStrike 15mm!


DSC_1168.jpg

外観。なんの変哲もない地味な見た目。

DSC_1169.jpg

白の外装はオプションです。

DSC_1170.jpg

大きさはHadalyとほぼ同じ高さで、幅は14mmなので非常に小さいです。

DSC_1171.jpg

トップキャップのリングを外すとアウターチューブが外れます。
エアフローは
1.0 mm. / 1.2mm. /1.4 mm
の3パターン。
アウターチューブが溝でカッチリとはまるので微妙な調整はできません。

DSC_1172.jpg

デッキはなんの変哲もないマイナスネジデッキです。
ジュースが出る穴が少し出っ張っているのでウェルにジュースが溜まります。

DSC_1173.jpg

裏にはロゴとシリアルNO。
写真だと分かり易いですが、実物は文字が小さくて読めません。

DSC_1174.jpg

なんの変哲もないマイクロコイルビルドをしてみました。

DSC_1175.jpg

味は美味しいです。
14mmのサイドエアフローってほとんど味に差がない気がする…。
穴を一番大きくしても口吸い前提なドローの重さなので、軽い吸い心地が好きな人は買ってはいけません。

Neon-Mに合わせたくて買いました。
よりNeon-Mのチープさが増し、ダイソーで売ってる感がUPして良いです。

正直、値段が高い割に地味です。
地味だから買ったので、個人的にはなんの不満もないのですが地味です。
精度も普通で特に不満はないのですが、新品のクセに、インナーチューブに茶色い何かがこびり付いていて汚かったのでマイナス10万点です。

初めて14mmアトマを買う人には、汎用性が高く値段もそこまで高くないNoFearUnlimitedをお勧めします。

高級感を追い求めるのも楽しいのですが、たまにはチープな方向も楽しいです。
なんか酷評しているような文章になってしまいましたが、非常に気に入ってます。

■買った場所
http://vape-village.com/
※本家サイトで買う方が少しだけ安くなるかも。




Project 1 Atty by Mystic Atomos [VAPE:RDA]

DSC_1156.jpg

Project 1 AttyはトップエアフローのRDAです。
こちらのチェンさんの動画を見て検索してみたら販売サイトを発見。
サイトを監視するのが趣味なので、在庫が入ると同時にポチって手に入れました。
兎に角この見た目が素敵です。

DSC_1157.jpg

付属品はオーリングとネジ。

DSC_1159.jpg

デッキを横から。ポジピンが少しだけ出ています。

DSC_1160.jpg

エアフローはドリップチップを回して調整します。
小さい穴1つ
小さい穴2つ
大きい穴1つ
大きい穴2つ
小さい穴1、大きい穴1
等々、いろいろ調整できます。

そして、ビルドの正解の見えない4本ネジデッキ。
どう組もう…。

DSC_1161.jpg

ネジを回すと板が外れます。最近よく見る奴です。

DSC_1162.jpg

せっかくなのでデュアルで組んで見ました。
ネジが短く板にワイヤーを通せるまで緩めるとネジが外れてしまい、ちょっと苦戦しました。
もう少しネジ長くすれば良かったのに。
あんまり太いワイヤーはネジの長さ的にうまく挟めないかも知れません。

DSC_1163.jpg

コットン通して吸って見ます。

DSC_1164.jpg

最初吸った時、むせました。慣れれば大丈夫です。

空気の割合が多い印象のシルキーなミストが楽しめます。
悪く言えば薄いという事になるかも知れませんが、鼻の奥の方で香りを強く感じる今までにない不思議なミストです。
甘々のミストじゃないと嫌!と言う人には向かないかも知れません。
さっぱりとしたミストが出るので、だらだら吸うには良いのかも。
特殊なミストが出ると言う意味では他に替えがないアトマイザかも知れません。

作りも良く、トップキャップを外したり嵌めたりする感じが良いです。

■買った場所
http://mysticatmos.com/
送料$30 「USPS First Class Mail International」でトラッキングが見れるのはカルフォルニアまでです。
9日間ぐらいで着きました。


SunBox E7.5 [VAPE:テクニカルMOD]

DSC_1106.jpg

SunBox E7.5 はDNA75チップを搭載したボトムフィーダーMODです。

DSC_1119.jpg

付属品としてお洒落なUSBケーブルと専用ケース。
E7.5のロゴ入りキーホルダーが付いて来ます。

DSC_1120.jpg

E7.5のロゴ入りパーツですが、電池を固定する工具になっています。

DSC_1123.jpg

電池の固定に工具が必要なのが少し欠点ではありますが、ピンセットの後ろでも代用可能です。
スマートに取り外せるので、W7のスプリング式よりは自分は好きです。

DSC_1121.jpg

電池のマイナス側。工具を回すと中央部が出っ張って電池を固定します。

DSC_1122.jpg

プラス極側。3Dプリンタで作成したと思われるパーツや、ケーブルを通すための溝など非常に作りが丁寧です。
ボトルはCappy V4の小さい8.5ml、蓋がサイドホールのバージョンが付いて来ます。
シリコンボトルで押し心地は満点(ただし臭いは落ちにくい)
蓋からチューブが出る穴が少し横によっているのでチューブが斜めになりません。

DSC_1125.jpg

510コネクタ部分。フラットになっているので大抵のアトマイザが付くかと思います。
付属の六角レンチで、センターピンの高さを調整できます。

tema.jpg

電源入れた時に嬉しい演出。
良く表示されるメインとロックのテーマがSUNBOX仕様になっています。

DSC_1107.jpg

DNA75を搭載しながらも「50 x 23 x 84 mm」とコンパクトなサイズです。

DSC_1108.jpg

装飾用途のサイドパネルは強力な磁石で付いているため、冷蔵庫に張り付ける事ができます。
磁力に弱いものに近づけない方が良いでしょう。

DSC_1109.jpg

強力な磁石でついているのでサイドパネルは絶対に外せない…と思っていたのですが、冷蔵庫から外したらサイドパネルだけが冷蔵庫に残った状態に。

そんな事よりSunBoxの深いエングレーブが良いです。

DSC_1110.jpg

Hadalyを付けてモダンな感じに。赤い色に目のようなエアホールで、少しアイアンマンぽい見た目。

DSC_1118.jpg

GOOFYさんの動画に影響を受けて一六式をビルド。Squonk! Squonk!

今は売り切れですが特にシリアルNOも振ってないので沢山作られるはず!?
高価ですが高価なりに作りがしっかりとしています。
SunBoxのMODは届いて見ると大抵の場合、想像していたよりも高級感があります。

■買った場所
http://sunboxstore.tictail.com/