So-net無料ブログ作成
検索選択

Baby Nipple RDA by TjT [VAPE:RDA]

DSC_1436.jpg

TJTのBaby Nipple RDAは直径18mmで背の低いRDAです。
TJTは「The Juice Traveler」の略です。
Modderの名称は正式には、「The Juice Traveler Exclusive Creations」ですが、TJTで良いと思います。
黒いビニール屑の詰まった小さい缶に入って届きます。
缶がボコボコでも、海外通販あるあるなので、気にしないようにしましょう。

DSC_1435.jpg

付属品。Oリング、予備ネジの他に、BF対応じゃない普通のピンも付いてきます。
後、エアフローをコントロールするための芋ネジ。
凄く小さいのでなくさないようにしましょう。
芋ネジを付けると写真のような見た目になります。

DSC_1434.jpg

キャップとデッキ。
キャップにエアフローの穴が2つ開いているのですが、何故か対極ではなく、120度ぐらいの位置に開いています。
エアフロー調整の芋ネジは1mmと1.5mmのものが2つずつ付いて来ます。
当然、穴を塞ぐための芋ネジも付いて来るのでエアフローを1つにすることも可能です。

デッキは写真の通り。
穴が開いてますが、1つだけエアフロー調整の芋ネジを搭載出来ます。
一番の特徴は、ポジティブの位置を移動できること。

DSC_1437.jpg

最初のポジティブの位置はシングルコイル用。
ビルドし易くて良いですね。
2つのネジの内側に、両方のコイルの足が来るようにすると楽に、キレイに組めます。

DSC_1439.jpg

ポジティブ位置を90度ずらすと、デュアルコイルでも組む事が出来ます。
ただ、面倒臭い割にそこまで味が美味しくなる訳ではないので余りお勧めはしません。
エアフローの穴が対極にないので、今ひとつコイル位置と合わないのですが、不思議と普通に味がでます。

DSC_1438.jpg

外観。エアフローに芋ネジを付けると少しメカメカしさが出ますね。

DSC_1432.jpg

芋ネジを付けない見た目の方がやはり良いです。

DSC_1440.jpg

キャップ裏。
キャップに丸みを持たせるために肉厚になっているためチャンバーが非常に狭いです。
そのため、14mアトマのような濃いミストが出ますが、背が低いのでよりダイレクトな印象を受けます。
今はどのショップも売り切れてしまっていますが、BFと小さいRDAが好きなら買って損はしないかと。
何より見た目がカワイイので。

■買った場所
DOT-MOD
※現在は品切れ中




PRISM by T.O.C Mods [VAPE:RDA]

DSC_1376.jpg

PRISMは形が特徴的な韓国産のRDAです。
前から気になっていて、T.O.C ModsのFacebookをチェックして手に入れました。

【買い方】
リストが開くとGoogleフォームが公開されます。

Googleフォームで名前、Paypalメールアドレス、TELを入力

Paypalメールアドレス宛に請求書が届くので支払います。
配送先住所は、Paypalで支払う時に連絡する住所となるのでご注意を。
日本語のままだと不安なので、海外向けのローマ字表記の住所にして支払いを。

Googleフォームに記載された発送予定日が来ると発送が開始されます。
郵送方法はEMSですが距離が近いので届くのが早いです。

DSC_1385.jpg

デッキ裏には、キレイにロゴが彫られています。
付属品は、予備ネジと予備オーリング、工具が付いてきます。

DSC_1379.jpg

エアフローはサイドに丸い穴が3つ開いています。
コントロールは芋ネジで行います。上の穴に付属の六角レンチを入れてまわすと…

DSC_1380.jpg

芋ネジで穴が塞がる仕組みです。
工具を使わないといけないのは少し面倒です。
また、芋ネジを回す感触が固く、なめてしまいそうで少し不安になります。
ただ、塞いだなりにちゃんとエアーが絞れます。

DSC_1382.jpg

トップキャップの裏側です。
外観は三角形ですが、内側は円形です。
特にテーパーはかかっていません。
サイドだけでなくデッキ側、下方向にも穴があります。
どんな効果が生まれるのか楽しみです。

DSC_1377.jpg

ビルドします。
中々、変態的な構造のデッキです。
最初、どう固定すれば良いか分からず公式動画を確認しました。

上側からコイルの足を入れて芋ネジで固定するか、写真のように穴にコイルの足を入れて芋ネジで固定します。
少しだけ面倒くさいです。ピンセット使わないと難しいかも。

DSC_1378.jpg

芋ネジで足を止めて不要な部分を切ります。
きつく締めるとコイルが崩れるので軽めで止めました。
穴を通しているので、軽めに止めてもしっかりと固定されました。

DSC_1381.jpg

コットンはふんわりさせるのがセオリーなのですが、
今回はエアフローの邪魔をしないように少な目に、低くセッティングしました。

DSC_1383.jpg

エアフローが3か所だと、穴の位置をどうしようか迷いましたが、1つの穴がコイルの真横から、他2つが斜めから当たるようにしました。
吸って見ます…。

おいしいです。
普通にシングルのマイクロコイルで、出力が17Wと普通のWなのに、煙の量が多く感じます。
煙のロスが非常に少ないと感じます。
ボトムフローともまた違う、なかなか柔らかめの蒸気が楽しめます。

DSC_1386.jpg

この外観はSMPLに合いそうなのでポジピンチェック。
一応は出っ張っています。

DSC_1387.jpg

なかなか良い見た目。
もう少しだけポジピンが出てたら安心して使えるのですが…。

DSC_1384.jpg

ちなみに、510ドリチはこんな感じで着きます。
最初についているワイドボアドリチ?が510サイズと言う奴です。
でも、そのままドリチを付けずに吸った方が美味しいです。

$120 + 送料$30
決して安くないけど、変わったアトマが欲しい人はリストが開くのを待ちましょう!

■買った場所
T.O.C Mods Group



ARMOR RDA 1.0 by ARMOR MODS [VAPE:RDA]

DSC_1340.jpg

ARMOR MODSのARMOR 1.0をゲットしました。
わざわざ名前に「1.0」と付いているのがちょっと気になります。

【購入フロー】
ARMOR MODSのFacebookページを監視

販売グループへの招待告知にx1コメントをする。(先着X名)

しばらくすると販売グループのURLがPMで届く。

販売グループで販売のアナウンスを待つ。

LISTが開いたらGoogleフォームに住所などを入力して購入(早いもの勝ち)

と言う、購入まで面倒くさい手続きが必要なRDAとなります。
LISTが開いて1分以内にGoogleフォームを埋められればたぶん買えます。
手続きが面倒くさい分、無事買えた時の喜びと言ったらないです。

付属品は、BFピン、510ドリップチップアダプタ、オーリング、予備ネジが付いて来ます。

DSC_1341.jpg

分解するとこのような感じ。
シングルコイル用のロゴ入り「Reducer」(デッキの片側を塞ぐ奴。カタカナで入力するとレドューサー?違和感があるので英語のままで)
センターにある2ポールが特徴。

DSC_1345.jpg

トップキャップがばらせます。エアフロー調整可能です。

DSC_1342.jpg

特徴のあるデッキをアップで。携帯用マクロレンズを買ったので無駄に接写します。
アップで見ると絶縁の構造が良く分かりますね。
エル字型のPEEK材らしきもので絶縁されています。
真ん中の穴はBFピン使用時、リキッドが出る穴です。

DSC_1343.jpg

キャップの裏側です。
エアホールの真ん中に仕切りがあり、分かれています。

DSC_1344.jpg

エアホールを3分の2まで塞いだ時のアップ。
どのぐらい塞がっているのか、仕切りがあるため目視では分かりにくいです。

DSC_1347.jpg

取りあえずシングルクラプトンで組みます。
中央にポストがあるので、コイルの足を広げる必要がなく非常にビルドがし易いです。
「Reducer」も格好良いです。

DSC_1346.jpg

3ミリ径でコイルを巻きましたが思ったよりも余裕があります。
3.5ミリ径がギリギリのラインかも。

DSC_1348.jpg

エアフロー全開で吸って見ます。(Reduserを使っているので1つ穴)
平べったいエアフローから「スィーーー」とミストが来て良いです。
濃すぎず薄すぎず、バランスの良いミストが出ます。
悪い言い方をすれば普通と言う事ですが、普通って安心感が良いです。

DSC_1349.jpg

オプションで、黒いエアフロー止めリングと、ウルテムドリチ、黒い510ドリチアダプタがあります。
オプションは本体とは別のリストで購入出来ます。

自分は、本体買う時にオプションのチェックボックスがあったので、
取りあえず何も考えずに全部チェックしましたが、結構な金額になるので気を付けてください…。
(オプションに迷ってるとそもそも本体を購入できないので注意)

DSC_1350.jpg

見た目が好みであれば、本体だけならそれほど高価ではない($95)のでお勧めです。


Noise W by Loud Cloud Mods [VAPE:RDA]

DSC_1317.jpg

Noise W は Loud Cloud Modsが作ったスタビライズドウッドを使ったRDAですw
「W」が「スタビライズドウッド」の「ウ」を指しますw
たぶんw

缶に入って届きます。後、写真付きの説明書的なものが付いて来ますw

DSC_1318.JPG

SSのスリーブが付いて来ますw
「W」のスリーブだけ別売りでも良かったのではないかw

最初にBFピンが付いています。穴のないピンも付いて来るので普通のRDAとして使いたい場合は交換しましょう。

ビックボアの専用ドリチですが、510アダプタも付属します。
しかし、510アダプタの端がザラザラで「仕上げし忘れ?」と言った状態でリューターで削らないとサイズが全く合わず、付けられませんでした。
リューター持ってない人は買わない方が良いでしょう。

DSC_1319.JPG

一見普通のサイドフローに見えますが、上側をひっくり返すと、NarDa的な構造になってます。
パクリ!?上に付いてるから違うよ!
とでも言いたい感じの構造です。

DSC_1320.JPG

上側にNarDa的な奴が付いているので、デッキは非常にシンプルです。
「W」の部分ですがOリングで止まっているだけで裏から押すと外れます。
少し固く、いちいち外さないとビルド出来ないのが不便です。
上側にNarDa的な奴を付けるための弊害ですねw

DSC_1321.JPG

上側の「W」もOリングで止まっているだけなのですんなり外せます。

DSC_1322.JPG

「W」を外して上と下を合わせるとこんな感じ。
「W」のスリーブで上と下を固定する構造なので、スリーブを付けない状態では使えません。

DSC_1323.JPG

取りあえず、普通に26Gのマイクロコイルで組んでみます。
エアフローの穴にコイルが近く良い感じです。

DSC_1325.JPG

組んだ後に「W」のスリーブを付けます。
デッキを押し込みたいのに、コイルが邪魔です。
コイルに触れないように少し押し込んで、MODに浅く付け、スリーブ側を上に引っ張る方法でコイルを崩さずスリーブを付けれました。
面倒くさいです。誰です?この構造を考えた人は?
まぁ、慣れればスリーブ付けたままビルド出来るのかも知れません。

DSC_1326.jpg

吸って見ます。
マイクロシングルコイルではちょっとドリチが大きすぎて今一つ。

DSC_1327.jpg

リューターで削った510アダプタを付けて吸って見ます。
うん。普通です。
特に驚きはない…。

値段が高いのに、リューター使う事になったので不機嫌なレビューとなっておりますが、ご了承ください。

気に入った色があれば…。と言ったところでしょうか…。
普通に組んだだけでは美味しくないので、ビルド方法を色々試して見たいと思いますw

■買った場所
http://www.loudcloudmods.nz



Mad Monkey Mods STRIKE 14mm [VAPE:RDA]

DSC_1167.jpg

Mad Monkey Mods STRIKEはボトムフィーダー用のアトマイザです。
14mmと18mmがありますが、14mmの方を購入。
箱が何故かゴリラです。そこは猿ではないのか。

DSC_1168.jpg

外観。なんの変哲もない地味な見た目。

DSC_1169.jpg

白の外装はオプションです。

DSC_1170.jpg

大きさはHadalyとほぼ同じ高さで、幅は14mmなので非常に小さいです。

DSC_1171.jpg

トップキャップのリングを外すとアウターチューブが外れます。
エアフローは
1.0 mm. / 1.2mm. /1.4 mm
の3パターン。
アウターチューブが溝でカッチリとはまるので微妙な調整はできません。

DSC_1172.jpg

デッキはなんの変哲もないマイナスネジデッキです。
ジュースが出る穴が少し出っ張っているのでウェルにジュースが溜まります。

DSC_1173.jpg

裏にはロゴとシリアルNO。
写真だと分かり易いですが、実物は文字が小さくて読めません。

DSC_1174.jpg

なんの変哲もないマイクロコイルビルドをしてみました。

DSC_1175.jpg

味は美味しいです。
14mmのサイドエアフローってほとんど味に差がない気がする…。
穴を一番大きくしても口吸い前提なドローの重さなので、軽い吸い心地が好きな人は買ってはいけません。

Neon-Mに合わせたくて買いました。
よりNeon-Mのチープさが増し、ダイソーで売ってる感がUPして良いです。

正直、値段が高い割に地味です。
地味だから買ったので、個人的にはなんの不満もないのですが地味です。
精度も普通で特に不満はないのですが、新品のクセに、インナーチューブに茶色い何かがこびり付いていて汚かったのでマイナス10万点です。

初めて14mmアトマを買う人には、汎用性が高く値段もそこまで高くないNoFearUnlimitedをお勧めします。

高級感を追い求めるのも楽しいのですが、たまにはチープな方向も楽しいです。
なんか酷評しているような文章になってしまいましたが、非常に気に入ってます。

■買った場所
http://vape-village.com/
※本家サイトで買う方が少しだけ安くなるかも。




Project 1 Atty by Mystic Atomos [VAPE:RDA]

DSC_1156.jpg

Project 1 AttyはトップエアフローのRDAです。
こちらのチェンさんの動画を見て検索してみたら販売サイトを発見。
サイトを監視するのが趣味なので、在庫が入ると同時にポチって手に入れました。
兎に角この見た目が素敵です。

DSC_1157.jpg

付属品はオーリングとネジ。

DSC_1159.jpg

デッキを横から。ポジピンが少しだけ出ています。

DSC_1160.jpg

エアフローはドリップチップを回して調整します。
小さい穴1つ
小さい穴2つ
大きい穴1つ
大きい穴2つ
小さい穴1、大きい穴1
等々、いろいろ調整できます。

そして、ビルドの正解の見えない4本ネジデッキ。
どう組もう…。

DSC_1161.jpg

ネジを回すと板が外れます。最近よく見る奴です。

DSC_1162.jpg

せっかくなのでデュアルで組んで見ました。
ネジが短く板にワイヤーを通せるまで緩めるとネジが外れてしまい、ちょっと苦戦しました。
もう少しネジ長くすれば良かったのに。
あんまり太いワイヤーはネジの長さ的にうまく挟めないかも知れません。

DSC_1163.jpg

コットン通して吸って見ます。

DSC_1164.jpg

最初吸った時、むせました。慣れれば大丈夫です。

空気の割合が多い印象のシルキーなミストが楽しめます。
悪く言えば薄いという事になるかも知れませんが、鼻の奥の方で香りを強く感じる今までにない不思議なミストです。
甘々のミストじゃないと嫌!と言う人には向かないかも知れません。
さっぱりとしたミストが出るので、だらだら吸うには良いのかも。
特殊なミストが出ると言う意味では他に替えがないアトマイザかも知れません。

作りも良く、トップキャップを外したり嵌めたりする感じが良いです。

■買った場所
http://mysticatmos.com/
送料$30 「USPS First Class Mail International」でトラッキングが見れるのはカルフォルニアまでです。
9日間ぐらいで着きました。


O-Atty by Odis Collection & Design [VAPE:RDA]

DSC_1067.jpg

O-Attyは特徴のあるエアフローとデッキを持ったRDAです。
海外のWEBショップの販売開始が朝の8時だったので、通勤の満員電車内でクレカ番号打ち込みながらポチってゲットしました。
でも、1週間ぐらいinstockだったのでわざわざ満員電車でポチる必要はなかったです。

DSC_1091.jpg

真ん中が付属品。左はオプションパーツのBFピン。右がオプションパーツのスラムキャップです。
BFピンが別売りなので、BF運用を考えている人は気を付けてください。

DSC_1097.jpg

サイドエアフローなのですが、コイルに近い位置にエアーを導く構造。
コイルの止め方は、最近流行りの板で挟むタイプ。
VAPE道さんの記事を見て、縦置きデュアルコイルでビルドしてみました。
デュアルコイルは結構面倒でしたが、シングルコイルなら楽にビルド出来るはず。

DSC_1095.jpg

エアフローを真横から見ると、下方向へ傾斜が付いています。
斜め下へ空気を取り込んでコイルの下側を通るイメージ。

DSC_1093.jpg

トップキャップ裏はテーパーがかかっています。
空気の流れを考えて設計されている印象。

DSC_1099.jpg

ミストがスムーズに口に入って来る感じ。荒々しさがなく非常に良いです。
価格が少し高いだけのことはあります。

DSC_1090.jpg

オプションパーツのウルテムドリップチップを付けて見ました。
形は最初から付いているものと同じなので見た目だけが変わります。

DSC_1100.jpg

ウルテムのスラムキャップ。ちょっとチープな見た目になります。
ミストのスムーズさもなくなってしまうのでスラムキャップ向けのビルドが必須。
無理に買う必要はないかも知れません。

■買った場所
Vaper's Hobby Shop

2016/10/29時点でVapstorに在庫あり。


Hadaly RDA by Psyclone Mods [VAPE:RDA]

DSC_1070.jpg

Hadaly RDA は Psyclone Modsが作ったシングルコイル前提の(がんばればデュアルでも組める)フレーバーチェイス(味重視)なRDAです。
巡回してるサイトでプレオーダーしているのを見て、PsyCloneのマークに魅かれて買いました。

ちなみに公式サイトのSHOPは日本に発送NGのようです。
最初、せっかくだから公式で買おうとしたらチェックアウト時、発送エリアで弾かれました^^;
発送できないのに何故、Japanを選択可能にしているのか…

付属品の写真を撮り忘れましたが、BFピンが付いているのでBF運用も可能です。

DSC_1071.jpg

エアホールは4つ。4方向からコイルにエアーを当てて美味しい!かどうかは分かりませんが見た目が良いです。ケースのマークもPSY感があります。

DSC_1072.jpg

デッキに特徴があって、最近流行りの金属の板でコイルの足を挟み込むタイプ。
板に傾斜が付いていて、コイルの足を板の下へ挟み易くなっています。

DSC_1073.jpg

クラプトンシングルで組んで見ました。
今までの使って来たRDAの中で一番ビルドが楽でした。

DSC_1074.jpg

トップキャップの裏は気持ちテーパーがかかっていますが、ほぼ平らです。
吸った後なので水滴ついてますが気にしないでください。

DSC_1078.jpg

裏にはロゴとシリアルNOのエングレーブがあります。
No.1721
沢山作っているようです。

DSC_1075.jpg

吸って見ます。
フレーバーチェイスを謳っているだけあって美味しいです。
エアフロー全開でも、適度な吸い心地でそこまで軽くなりません。

DSC_1076.jpg

ケースが格好良いです。
ちなみに下半分ぐらいはスポンジが詰まっています。

DSC_1077.jpg

・見た目が良い
・ビルドが簡単
・味が良い
・価格もそこまでしない($70ぐらい)
・BFピン付

と言う良い事ばかりの素晴らしいRDAです。
スラムキャップ等のオプションパーツも既に販売されているのも良いです。

人気があるらしく現在は売り切れのショップが多いですが、また沢山作ってくれるはず。

■買った場所
PUFFPUFFVAPE



Titanium mods ACHILLES dual [VAPE:RDA]

DSC_1014.jpg

使い勝手の良いACHILLES RDAのデュアルコイル版です。
ファーストバッチで10個だけ作ったようで、運よく売り切れ前に購入することができました。

付属品は写真の通り、各予備部品が1つずつと六角レンチです。

DSC_1015.jpg

トップキャップはスレッドになっていて回して外します。
トップキャップの裏はドーム型でテーパー加工がされています。

エアフローリングを回して調整後、トップキャップを絞め込んで固定する構造です。
エアーが入る穴は1つだけ。エアーの出口は2つのボトルエアフローデッキです。

DSC_1016.jpg

トップにラーメンドンブリ柄。
黒いドリップチップが付いているように見えますが、トップキャップと一体になっています。
穴のサイズが510なので、黒い部分の上にお好みのドリップチップを付ける事になります。
ドリップチップONドリップチップな見た目になるので微妙な感じ。

デッキ側のエアフローリングには、1980年代ぽいデザインのロゴが彫られています。
残念ながらアキレスのモヒカン兜は彫られていません。

DSC_1017.jpg

裏にはシリアルNo。003!
ポジピンは一応出っ張ってはいます。

DSC_1020.jpg

エアーフローの穴が少し中心からずれているので、コイルを無理に中心に持って来なくても、コイルが穴の上に来ます。
ただし、3本ポールなので、今時の4つ穴デッキと比較すると少しだけ面倒です。

DSC_1021.jpg

やや抵抗値が低めの26G 2.5mm径 8巻で組みました。
ジュースウェルが深いので結構リキッドが保持できます。

DSC_1022.jpg

デュアルコイルで低めの抵抗値で組んだのでモクモク煙が。
ボトムフロー+ドーム構造が手伝って、味が濃く出る気がします。
なんとなくですが、ミストの粒子が細かくふんわりしている気がします。
美味しいですが、驚きはないかも。

欠点があって、個体差かも知れませんがエアフローを全開にすると「ピーーーッ!」と笛鳴りがします。
なので自然と半分ぐらいエアフローを閉めて吸うことになるのがちょっと悲しいところ。

■こんな人にお勧め
・チタンのデュアルコイルアトマが欲しい!
・ロゴデザインが好き!




NoFear Unlimited by Noname Mods [VAPE:RDA]

DSC_0847.jpg

NoFear Unlimited はボトムフィーダー専用の14mmのRDAです。
見た目も良いのですが、使い易そうな機構に物欲が刺激され、3日間悩んだ末に購入しました。
どうせ買うと分かっていても躊躇する気持ちは忘れてはいけません。

付属品はO-RING2つ、予備ネジ2つ、工具です。
セカンドバッチは白のトップキャップが付いて来るようです。
もう少し待てば良かった…。
購入する時はセカンドバッチか確認しましょう!

DSC_0850.jpg

分解して見ます。
一番の購入理由はデッキです。
何故か14mmのBFアトマはネジで挟み込むタイプが多いのですが、これは穴を通すタイプ。
実際ビルドも非常に楽です。
ただし、芋ネジが非常に小さいのでちょっとだけ気を使います。
強く締めすぎると工具が細すぎて曲がりそうだったり、ネジが駄目になりそうな気配をヒシヒシと感じます。

エアフローコントロールも出来るので、エアフローの穴が気に食わないからと言ってリューターで穴を拡張する必要もないです。

トップキャップがデルリンなので口が当たる個所が熱くなり難いのも特徴。
上半分が黒いのもデザイン上のワンポイントになってます。

DSC_0851.jpg

トップキャップの裏側はみんなが大好きなドーム型。
少しでも美味しくしよう!
と言うMODDERの思いが伝わって個人的には高評価です。

デッキに小さいながらジュースウェルがあるのもポイント。
ボトルを押す回数が少しだけ減ります。

一六式のようにキャップの内側にO-RING。
デッキにはO-RINGがはまる溝が掘ってあり芸が細かいです。
ちゃんと密閉されるのに外し易い!

ただ、溝の位置が正確じゃないのか、デッキとキャップの間にほんの少しだけ隙間が出来ます。
マッチリングを付けてしまえば見えないので気にならないのですが、そのまま利用する時は少しだけ気になります。

DSC_0852.jpg

個人的に2番目に小さいエアフローが丁度良いです。
1番小さいのは完全口吸いになります。
大きい穴だと、普通のマイクロコイルビルドではスカります。
でもビルド次第なので口吸い嫌いな人には、大きい穴でも良いかも知れません。

つまり、エアフローコントロールがあるのは素晴らしいと言う事です。

DSC_0848.jpg

味も良く、デザインも良く、使い勝手の良さを突き詰めた良いアトマイザです。

Facebookのページを見ると、赤いトップキャップの写真があったり色違いのトップキャップやオプションパーツが出る気配を感じます。

「Unlimited」を名前に冠しているから、限定品じゃなくいつでも買えるアトマ…だったら良いですがどうなんだろう?