So-net無料ブログ作成

KIRA RDA by Divine Mod [VAPE:RDA]

DSC_1897.jpg

KIRA RDAです。
ちなみにDivine Modは日本とフィリピンのコラボModder。

タンブラーに入って届きました。
付属品が満載です。
・CAP×2
・ドリチ×2
・スラントリング
・クラプトンコイル
・BFピン、普通のピン
・ステッカー

DSC_1898.jpg

CAPは少し高さがあるものと、背の低い奴の2つ。

DSC_1901.jpg

CAPを分解してみました。
背の低いCAPは本当に背が低いです。
おまけの白いドリチですが、世界一背の低いドリップチップな気がします。
背が低くて内径が異常に狭いと言う変態ドリチです。
常用するには慣れが必要。
自分は慣れる前に他のドリチに替えました。


DSC_1899.jpg

CAPの裏は平たくなっており普通です。

デッキが格好良いです。
最近流行っているシングルコイル真ん中タイプ。
エアフローが1つなのは珍しいです。

DSC_1902.jpg

構造としては、トップサイドフローです。
漏れに強い構造となっています。
と言っても、背の低いCAPでBFボトルをヘコヘコと調子のって押してたらエレエレとエアフローから漏れて来たので程々にしましょう。ものには限度があると言うものです。


DSC_1900.jpg

裏側。シリアルNoと何かの模様が彫られています。
結構数作ってますね。

DSC_1903.jpg

低いCAP。見た目が良いです。

DSC_1904.jpg

背の高いCAP。こちらもシンプルで良い見た目ですね。

ビルドの写真を撮り忘れましたが、ビルドはネジを完全に外さないと行けないのが少し面倒ですが、簡単な部類だと思います。

全く何も考えずにビルドをしてみたところ、味に関しては普通です。
片側のサイドエアフローなので、コイル位置に左右されそうな気配がします。
シングルレデューサーを使って片側塞いだRDAと同じように、工夫次第では良くなるかも。

■買った場所
Facebook DivineMod グループ

リストが開いた時にGoogleDocを入力して購入。
DivineModのGoogleDocは、VSC経由配送の日本人向けリストを使いまわしているので、
アドレス欄に「日本語の住所」と日本語で書いてあります。
VSC経由になるのかな?と素直に日本語で入力して見た所、後で英字表記のアドレスを聞かれたので、VSC経由じゃないことが分かっている場合、英字表記のアドレスを入力するとスムーズです。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

AIRLab by Kilic Customs [VAPE:RDA]

DSC_1886.jpg

AIRLabはModで有名なKilic Customsが製作したRDAです。

麻の袋に入って届きました。
付属品はステッカーと各種オーリング、コンタクトピンを外すための工具、コンタクトピンです。
最初にBFピンが付いてました。使う前に確認しましょう。

DSC_1888.jpg

裏側。シリアルNoと丸い文字のロゴ

DSC_1889.jpg

下側がリングになっていてスレッドを回すと外れます。
オプションパーツが出る予感がする作りです。

内側の小さいキャップを引っ張ると外れます。
外し易いけど、取り付ける時はエアホールの出っ張りがある事で少し引っかかりを感じます。

ドリップチップは専用サイズ。510アダプタが出そうな予感がします。
もし出すなら最初から付けてくれれば良いのにと思いますが、このドリチで吸ってくれと言うModderの意思だと受け取りました。なので、やっぱり510アダプタは出ない予感がします。

本体買うのも大変なのに、オプション品を買うのがより大変なのが最新の傾向なので、このまま何も出ないと言うパターンも精神衛生上良い予感がします。

DSC_1890.jpg

エアを中心に導く滑り台が2個付いた構造。
真ん中コイルのRDAが続々リリースされる中、違いを出そうと苦労としたのだろうなと思わされる作りです。
チャンバーが小さいし、エアも導かれるので美味しそうです。

ニクロム線26G、3mm軸で組んで見ました。

DSC_1893.jpg

見た目が良いですね。
Armor以降このような段付きのRDAが多く出るようになった気がします。
エアホールが小さめなので全開にしてもスカスカにはなりません。

DSC_1892.jpg

味も充分出るし、形も格好良いのでチャンスがあれば購入しましょう。

■買った場所
Kilic Customs

※購入にはFacebook登録、Paypal登録が必須となります。
※販売のリストが開くまで監視しましょう。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Flave Ti 22 by ALLIANCETECH VAPOR [VAPE:RDA]

DSC_1843.jpg

Flave Ti 22 は限定1100個のチタンキャップのRDAです。
「チタン」と言う理由だけで購入しました。

デッキは316LのSS。
フルチタンにしなかったのは導電性が落ちるかららしいです。

BFピンと黒いドリチ。予備のオーリングとワイヤーを止める予備ネジ2本が付属します。

DSC_1844.jpg

最近流行りの真ん中にシングルコイルを置くデッキです。
作りは良いです。
ドリップチップは810と特殊なサイズ。

Armorの510アダプタ使えそうと思って付けて見ましたが少し緩かったです。
オーリングを太いのに替えれば使えそうです。

キャップの鈍い質感がチタンマニアにはたまりません。

DSC_1845.jpg

ビルドし易いようにデッキのサイドに溝があります。
当然ビルドは簡単です。

エアフローの位置が独特です。
少しずれているのはどのような効果をもたらすのでしょうか。

DSC_1846.jpg

狭くて美味しそうです。

DSC_1848.jpg

glasに合うのではと思って購入したのですが微妙に質感が違う…。ぐぬぬ。

味は昨今の流行りの構造だけあって美味しいです。
Gambitと同じぐらいの美味しさ。
この手のRDAは差が出にくい気がします。

■買った場所
某Facebookグループ

送料考えるとVapevillegeの方が安かった…。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Gambit by Kudzumods [VAPE:RDA]

DSC_1769.jpg

GambitはSSキャップが2個付いて来るお得なRDAです。
ドリチもウルテムとデルリンの2個付いて来ます。
BFピンも付いて来るので安心です。
価格も想像しているよりもお安いです。

箱の裏に仕上げ担当のClayさんのサインが。
ギラギラに磨かれたキャップは素晴らしいの一言。
No, thank YOU.
と伝えたい。

DSC_1770.jpg

キャップ裏は同じなので、素直にデザインでどちらを使うか選んでください。
デッキは他の方のブログを見てね!

店員さんのお勧めは、2.5mm軸の単線でコイル位置を高めに。
パラレルビルドでも美味しいみたいです。

DSC_1768.jpg

丸い方のキャップ。
ん?何かに似てる…。
でもレトロフューチャーな見た目で格好良いですね。

DSC_1771.jpg

角ばった方のキャップ。
見た目がよろしいです。

味も3割うまいのでお勧めです。


■買った場所
3PCS

店頭で買いましたが、ネット販売もするみたいなので要チェック。
今回の入荷分は、全部Clayさんのサイン入りらしいです。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Speed Revolution Mini by Luca Creations [VAPE:RDA]

DSC_1755.jpg

Speed revolution miniは、ボトムフィーダー専用のアトマイザーです。
ドリッパーでは使えないので注意。
あと、エアフロー調整が出来ず、1mmの穴しか開いてないので重い吸い心地専用です。
直径1.5mmのステンレスの棒と、14mm-22mmのスラントリング、黒いドリップチップが付きます。

元々、「Speed」と言う14mmのアトマイザーがあり、18mmにサイズアップした「Speed revolution」が出て、それを小さく14mmサイズにしたのが「Speed revolution mini」です。
つまり、「revolution」部分がなくなり、一周回って普通の「Speed」になると言う訳の分からなさなのですが、
ロゴ入りのSpeedが欲しい!
と思いながら購入しました。

DSC_1756.jpg

普通の[speed」と何処が違うが比較して行きましょう。
左が「revolution」。
キャップ裏がドーム形状になりました。
ジュースウェルが少し深くなり、その替わり、少しだけ背が高くなってます。
ネジの頭が大きくなり、ビルドが少しだけし易くなりました。

DSC_1757.jpg

デッキ裏。シリアルNoらしきものが彫られていますが、実物見ると小さすぎてほぼ読めません。
ポジピンが少し長くなったので、Modによっては接点が届かないと言う事が少なくなりました。
また、ポジピンとマイナス極側の隙間が広くなったので安心感があります。
あと、キャップに、ロゴがエングレーブされました。

DSC_1758.jpg

ビルドします。何も考えないで組むと写真のように、コイル位置が少し片側に寄ります。
公式動画見ても寄ってたので、敢えて寄ったまま。

DSC_1759.jpg

吸い心地が重く吸い方が限定されるアトマイザーですが、普通に美味しいです。
味は普通の「speed」とほとんど変わらないので、持ってる人は無理に買う必要はないかも知れません。

■買った場所
Vape Village


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

G-Atty by Ghostmodder [VAPE:RDA]

DSC_1727.jpg

G-Attyは2015年の年末辺りに発売されたRDA。
見た目が格好良く、Vaper's Hobby Shopで約$40で投げ売りされていたので、今更ですが購入しました。

本家サイトを見たらG2 Attyも出ているようですが、G2はあまり格好良くありません(個人の感想です)

DSC_1726.jpg

箱は今となっては懐かしいフィルムケース。
USA!USA!

DSC_1728.jpg

トップキャップはスレッド式です。
デッキは伝統の3点式。
エアホール調整はできません。

DSC_1729.jpg

裏は謎のマークのエングレーブ。
残念ながらドリップチップは交換できません。
試しに黒いパーツを引き抜く(凄い固い)と、穴のサイズは12mmぐらいでした。

DSC_1730.jpg

洗浄してないのか、未使用状態でも汚れてました。
ビルド前に良く洗いましょう。
普通にデュアルコイルで組みます。
エアホールの位置が高いので、コイル位置を高くしたいのですが、あまり高くしてしまうとキャップに当たってショートしてしまうのが怖いのが難しい所。

DSC_1731.jpg

味はいたって普通。
兎に角、見た目が素晴らしい。

■買った場所
Vaper's Hobby Shop



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Titanium Mod ACHILLES 24 RDA [VAPE:RDA]

DSC_1636.jpg

あのAchilles2が24mmサイズになりました。
通常サイズのものと比較して行きたいと思います。
外観はこんな感じです。
24はエングレーブのないモデルのみのようです。
写真だと高さが高くなったように見えてしまってますが、22mmモデルと同じです。

DSC_1637.jpg

デッキです。構造はそのままに少しだけ大きくなっています。
エアフローもそのまま。英断です。

DSC_1638.jpg

キャップ。本当にそのまま24mmになっただけです。

DSC_1639.jpg

ドリップチップ。内径はそのままに、肉厚にしてあります。
22mmモデルがベストだから、意地でも吸い心地は買えないと言う意思を感じます。

DSC_1640.jpg

エアフローの穴も当然同じ。
ポジピンはあまり出ていません。

DSC_1641.jpg

予備のワッシャーを噛ませてポジピンを調整しました。
ワッシャーの穴がネジに対して少し大きいので、ワッシャーが出来るだけ中心に来るように気を付けて調整ください。

DSC_1642.jpg

ビルドします。
何も考えずに組んでも、突き出たエアフローにコイルが近くなり、美味しくなるような気がします。

DSC_1643.jpg

ウィッキング。
コイルまで高さがあるのでこんな感じの見た目になります。

キャップを付ければエアホールの際までダバダバとリキッドを入れられるので、供給不足などはあまり心配しなくても良いかと思います。

DSC_1644.jpg

味はAchiilles2と全く同じです。
チャンバーが少し広くなったから少しミストが変わるかな?と思いましたが分かりませんでした。

24mmチューブを持ってるけどフレーバーを重視したい!
ビルドが簡単なのが良い!と言う方にお勧めです。

フルチタン製ですから軽いし値段もそこまでしません。

■買った場所
http://titanium-mods.com/

注文後、しばらくするとPaypalリンクが登録したメール宛てに来て支払います。
詳しくは、How to Orderを良く読みましょう。
送料が非常に安く€5
€100を超える買い物をすると無料です。



Pelso V3 by KHW Mods [VAPE:RDA]

Pelso V3はポールが移動できて色々なビルドが出来るRDAです。

ダイレクトマーケティング(試飲)をさせてもらった時に、
「!!」
と驚いたので買おうかな?でも見た目が古臭いしな。
と思っていた所、3PCSに飲みに行った時にまだ結構在庫があったので購入しました。

KHW Mods
http://www.khwmods.com/
でも購入できるようです。

細かい部分は、中国の人の動画を見てください。
https://www.youtube.com/watch?v=HNJUPc825UE

※2017/07/30追記
チェンさんのWEBショップでも買えます。オプション品もあるよ!
そのままだと重く熱を持ち易いのですが、トップキャップをデルリンにするだけもでストレスが軽減されます。
https://coilmonsta.theshop.jp/


DSC_1629.jpg

ドリチは付属しません。付けたら固くて外せなくなっただけです。
BFピンが最初から付いていて、BFピンじゃない方が付属品です。
気を付けて。
六角レンチが付いて来るのは良いですね。

DSC_1630.jpg

キャップです。
裏は平です。
ドリチを差し込む事を考慮したら偶々平になったのではないか?
と推測されますがどうなのでしょうか。
エアフローコントロールは、リングでエアホールを調整して、スレッドで締め込んで固定するOrigenと同タイプです。

DSC_1627.jpg

デッキです。
最初は3ポールだったのですが、一本抜いて2ポールにしました。
3PCSオーナーとチェンさんお勧めの2ポール。ツイストワイヤー。
人のお勧めには素直に従います。

ちなみに、ポールを抜く時、内径4mmのものを使います。
私は、工具をすでに持ってたので簡単でした。

ツイストワイヤーをドライバーンするとコイルが捻じれて崩れる事があるので気を付けてください。
と言っても気を付けようがないのです。

DSC_1628.jpg

コットンは多めが良いようです。

DSC_1625.jpg

見た目は古臭いのですが、フワフワとしたミストが出て味は美味しいです。
なんて事ない構造なのに不思議です。
濃すぎず、薄すぎず、バランスの良いミストが楽しめます。

DSC_1626.jpg

見た目の古臭さはスラントリングで誤魔化しましょう。

「ポールの位置や、数を変更して色んなビルドが楽しめるよ!」
と言うコンセプトのRDAだと思うんですが、奇跡的に美味いRDAになってしまった感があります。

キャップに厚みがあるので重いのと、熱を持ち易いのが欠点と言えば欠点。
ただ、ベルキャップが安い値段で売ってるので、気になるようなら買えば良いし、中々面白いRDAだと思います。



Soul S by Van & Del Design [VAPE:RDA]


みんな知ってるSoul Sです。
外観が好みで国内で買えるようになったら買おう!
と心に決めていて、やっと国内販売開始で手に入れる事が出来ました。
付属品は、BFピンと、工具と、芋ネジが6本。

DSC_1614.jpg

キャップ裏はドーム型と思いきや、不思議な形状。
ドリチを固定するためなのか、少し出っ張ってます。

DSC_1612.jpg

デッキ裏はSoulマークとシリアルNo。
沢山作ってますね。

DSC_1611.jpg

ビルドします。
芋ネジが沢山あるので、好きな芋ネジを外してコイルの足を止めましょう。

DSC_1613.jpg

CoilMonstaのツイストワイヤーで組んで見ました。
ビルドは簡単なのですが、外した芋ネジを失くさないように注意する必要があります。
予備が6本あるのはきっと紛失し易いからなのだろうと予想。

DSC_1610.jpg

味は美味しいです。

ツイストワイヤーの前に、26Gのマイクロシングルコイルでも組んだのですが、しっかりと味が出て吃驚しました。
エアフローも結構絞れるのが良いですね。
ビルドの時、芋ネジを外さないといけない以外の不満はありません。

そして、見た目。
今までのアトマで一番好みかも知れません。
チューブMODにも合います。

DSC_1615.jpg

BFピンが付いていたのでBF運用。
構造的に、ボトルを押しすぎるとリキッドが漏れやすいので少し注意が必要です。
RDAとしては少し値段が高いですが、見た目が好きなら買って損はしません。

■買った場所
3PCS
※今(2017年6月時点)ならいろんな国内ショップで買えます。



Hellfire ViperX [VAPE:RDA]

DSC_1542.jpg

Hellfire ViperXは16mmのボトムフィーダー専用アトマイザーです。
穴の開いたピンしか付いてないので気を付けて。
付属品は予備のOリングとネジ1つです。ただ袋に入って届きました。

ちなみに買い方ですが、FacebookでHellfireグループを監視して購入の機会を得ました。
根拠はないのですが、過去の傾向からVapeVillegeでも入荷の可能性があります。
(入荷しなかったらすいません。)

トップにエングレーブがあります。
「X」とか付けてしまうと次に名前付ける時困るんじゃないでしょうか。

DSC_1543.jpg

外観です。シンプルで良いです。
ブラシ加工が他のアトマイザーより丁寧な印象。
たぶんブランド効果とプラシーボ効果ですが、全力で乗っかった方が人生楽しいので、ブラシ加工が丁寧と言う事にしておきます。

DSC_1544.jpg

エアホール。
なんと1mmの穴がもう一つ開いてます。
重いドローが好きな人も満足できる作りです。
エアフローの調整が軽過ぎず、重過ぎず、非常にやり易いです。
Hellfireだからこその精度と言ったところでしょうか。

DSC_1545.jpg

デッキです。なんの変哲もないデッキに見えますが…

DSC_1546.jpg

プラス側が紙一枚浮いてます。
マイナス側に触れてショートしそうで怖いのですが、精度に自信があると言うことなんでしょう。

DSC_1547.jpg

プラス側が浮いているので好きな位置に自由に移動可能です。
せっかくなので微妙な角度に移動をしてみました。

DSC_1551.jpg

こんな感じでビルドしてみました。
プラス側のコイルの足がキャップに触れないように、根本からしっかり切断する必要があります。
自分はプラス側だけ、Uの字にワイヤーを巻いて、内側で足を切りました。
ワイヤーが逃げないように、マイナスネジの横にガイドがあるのですが、26Gだと隙間から逃げてしまいあまり意味がありませんでした。
太いワイヤーなら効果があると思いますが、16mmアトマで太いワイヤーはどうなんでしょう。
エアフローの穴を最大にすれば、低抵抗でも問題ないのかも。

DSC_1548.jpg

デッキの裏です。シリアルNoはありません。
やや太めの六角でポジピンを抜く事ができます。
デッキ位置を変更する時は、ポジピンを一度抜いてください。

DSC_1549.jpg

キャップ裏。
段になっています。流行りのドーム型ではないです。

DSC_1550.jpg

何より見た目が良いです。
味は普通にビルドしただけなので普通のサイドフローの小さいアトマの味がします。
Odis-16の方が美味しいのですが、ポジティブの位置が自由に変えられるので色々と工夫のしがいがあるかと思います。