So-net無料ブログ作成
2017年09月| 2017年10月 |- ブログトップ

ArcticFoxで温度管理 [VAPE:その他]

尊敬して止まないK泉さんに
『dicodesより勢いがあるミストが楽しめるArcticFoxは良いよ!「PI-Regulater」を必ずONにして使って見てね。』
と教えていただきました。

vapedonで親切な人にvapemanさんの記事を教えていただきました。
インストールは下の記事を見れば簡単です。

http://vapeman.seesaa.net/article/450947986.html


Nife48の設定をググったら5chの書き込みがヒット。
774さんに感謝。
https://mint.5ch.net/test/read.cgi/smoking/1495167834/529

Nife48の設定 by 774さん
68-1.00
212-1.33
302-1.53
392-1.73
482-1.93
572-2.13
800-2.77

TCRはQPさんのツイートがヒット。QPさんに感謝。

https://twitter.com/keitaro0568/status/741300722042429440

TCR:405の数字を覚えておきましょう。

------
以上、知識の元ネタを記載した上で本題です。

ArcticFoxとはJoyetech, Wismec and Eleaf基盤向けのカスタムファームウェア。
【特徴】
1.DNA系基盤のようにPCで細かい設定が出来るようになる。
2.温度管理の性能が向上する。

対応機種はURLの下の方「Compatibility」を参照。
https://nfeteam.org/

Picoにも使えるのがポイント!
知らないのは勿体ない。
眠っているPicoを再活用しましょう。

dicodes基盤以外の温度管理は、
どちらかと言うとリミッター的な動作をしてしまいミストが出なくなってしまうものも多いのですが、ArcticFoxを入れると「シュバババババババー」とミストが出続けます。

どうしてもVapemanさんの記事とかぶってしまう所がありますが、Nife48の設定に特化した手順と言う事で。

1.ファイルの入手
まずは、
https://nfeteam.org/
からファイルを落とします。

左側「NEFtool」が、DNAのEScribeにあたる設定ツールでMODのファームウェアを更新するためにも必要となります。

「Download NEFtool」を押すと「NFE Tools Builds」のページに移動します。
少し下にある「Normal Threads」の「[P11] NFE Tools v170914」のリンクをクリック。
スレッドページのヘッダにある「NFE Tools v170914」をクリックするとzipファイルが落とせます。

右側「ArcticFox」が、ファームウェアのファイル。MODにインストールするファームウェアのファイルとなります。
NEFtoolと同じ感じで落としてください。

2.MODをPCに接続

MODをUSBケーブルでPCとつなぎます。

3.NFEToolの起動

「NFE Tools v170914.zip」を解凍したフォルダにある「NToolbox.exe」をダブルクリックでNFEToolが起動します。

arc0010.jpg

左下の言語選択で日本語を選択しておきましょう。

4.ファームウェアの更新

メニューの一番下「ファームウェアアップデーター」をクリックします。

arc0020.jpg

ファイルアップデートを押します。

arc0030.jpg

ダウンロードした「ArcticFox」のファイルを選択します。
ファームウェアのアップデートが実行されます。


5.Nife48の設定

arc0010.jpg

トップメニューに戻って一番上の「ArcticFoxの設定」クリックします。
プロファイル画面が出ます。

arc0040.jpg

右側のプロファイルを開くと温度管理設定されたプロファイルが表示されます。

モード:温度管理の右にある「設定」をクリック。

arc0060.jpg

PI制御にチェック。
Pの値を400ぐらいに少なくします。
保存を押して閉じます。

arc0050.jpg

コイル素材にNIFEがあるので選択します。
※写真は設定後なのでNF48となっていますが最初は「NIFE」です。
横の「作成」ボタンをクリック。

arc0070.jpg

NiFe48の設定 by 774さん
68-1.00
212-1.33
302-1.53
392-1.73
482-1.93
572-2.13
800-2.77
に従って設定し、保存します。
【追記】
コメント欄でご指摘をいただきました。ありがとうございます。
記載の数値は、800の抵抗値が通常より高めになってます。普通は2.62ぐらい?
プリセットのNIFEも572まではほとんど数値差がないので変えなくても問題ないかも。
気になる方は、
http://www.steam-engine.org/tcr.asp
を参考に数値を設定してみてください。


arc0055.jpg

ちなみにコイル素材を「TCR」にするとTCR値が設定できます。
NiFe48の場合、QPさんお勧めの405を設定して見てください。

設定が全て完了したら下にある「設定更新」をクリックして終了します。


6.MODの操作方法

PICOの場合、ファイヤボタン3クリックでモード選択になるので、
NiFe48を設定したプロファイルを選択。

抵抗値ロックはプロファイル選択時に+-同時押し。

※コメント欄で指摘をいただき、色々と修正しました。
マニュアルで抵抗値を変更したい場合、
ファイヤボタン4回クリックで、温度、抵抗値ロックのON・OFFなどを変更できる。
温度の数値が点滅するので、+-で変更。
ファイヤを1回クリックで次の設定項目に。
ファイヤボタン長押しで決定。

ファイヤボタンと+ボタンを同時に1秒以上押すと、メインメニューに。
プロファイル毎の設定値を色々と変更できます。

【例:マニュアルで抵抗値を替える場合】
ファイヤボタンと+ボタンを同時に1秒以上押す
 ↓
設定変更したい「プロファイル名」を選択
 ↓
+-で表示切替
 ↓
コイル抵抗値を表示、ファイヤと+-で設定を変更
 ↓
exitでメニューを抜ける

その他、操作方法は下記リンクを参考にしてください。(Pico向けではないですが)
https://github.com/maelstrom2001/ArcticFox/blob/master/README_JA.md

7.Dicodesと比較してみよう

DSC_1877.jpg

抵抗値:0.25Ω 27ゲージのNiFe48でビルドして
BF60基盤のMODと比較してみました。

なかなか良いのではないでしょうか。

正直、違いが良く分かりません。
Dicodesの方が若干立ち上がりが早いかな?
Dicodesの方が設定温度までの到達が早い印象。
でも、それは設定次第な気もします。

何よりも、PCがないと細かい設定出来ないと言う欠点はあるものの、Dicodesと比べて操作がし易いです。

もし、眠ってるPicoがあったら試しにやってみてください。



nice!(0)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Flave Ti 22 by ALLIANCETECH VAPOR [VAPE:RDA]

DSC_1843.jpg

Flave Ti 22 は限定1100個のチタンキャップのRDAです。
「チタン」と言う理由だけで購入しました。

デッキは316LのSS。
フルチタンにしなかったのは導電性が落ちるかららしいです。

BFピンと黒いドリチ。予備のオーリングとワイヤーを止める予備ネジ2本が付属します。

DSC_1844.jpg

最近流行りの真ん中にシングルコイルを置くデッキです。
作りは良いです。
ドリップチップは810と特殊なサイズ。

Armorの510アダプタ使えそうと思って付けて見ましたが少し緩かったです。
オーリングを太いのに替えれば使えそうです。

キャップの鈍い質感がチタンマニアにはたまりません。

DSC_1845.jpg

ビルドし易いようにデッキのサイドに溝があります。
当然ビルドは簡単です。

エアフローの位置が独特です。
少しずれているのはどのような効果をもたらすのでしょうか。

DSC_1846.jpg

狭くて美味しそうです。

DSC_1848.jpg

glasに合うのではと思って購入したのですが微妙に質感が違う…。ぐぬぬ。

味は昨今の流行りの構造だけあって美味しいです。
Gambitと同じぐらいの美味しさ。
この手のRDAは差が出にくい気がします。

■買った場所
某Facebookグループ

送料考えるとVapevillegeの方が安かった…。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2017年09月|2017年10月 |- ブログトップ