So-net無料ブログ作成

MIKRO BF by Adler Industles [VAPE:RDA]

DSC_1958.jpg

MIKRO BF はBFピンが付いたRDAです。
穴の開いてないピンも付いているので普通のMODでも使えます。
チタン製です。チタン製なので平日夜更かししてまでゲットしました。

立派な化粧箱に入って届きました。

DSC_1959.jpg

白いカバーを外すと紺の箱。
オプションの2つのキャップは白い袋に入って届きました。

DSC_1960.jpg

開けると茶色い布。

DSC_1961.jpg

透明、青、ウルテム、SSキャップが最初から付いてきます。
サテンと黒キャップはオプションパーツです。
限定版らしいので、普通に売られるものは、ここまでキャップが付いてない可能性もあります。

DSC_1962.jpg

外観。TITANUMをアピールしていて格好良いです。
TURBOと書いてる車みたいで好みです。

DSC_1963.jpg

ファーストリリースなのに、圧巻のキャップ数。
ドリチが複数付いているのは後述します。

DSC_1964.jpg

キャップ裏。樹脂性のインナーチャンバーが付きます。
インナーチャンバーなしのトップエアフローアトマとしても使えます。

DSC_1965.jpg

【2017/12/23訂正】
インナーチャンバーをドリチで止めるため、チャンバー付ける時は左の専用ドリチが必要です。 なので、好きなドリチを付ける場合、チャンバーなし運用しないといけません。

普通に510が利用できます。太い方を510と勘違いをしていました。(-_-;)
チャンバーなし運用のための510取り付け部分が太目のドリチも全色分付いているは親切だと思いました。

DSC_1966.jpg

シンプルなデッキ。
横ネジは珍しいかも知れません。
WICKとエアフローの位置がプリントされています。

DSC_1967.jpg

デッキ裏。ロゴと119

DSC_1968.jpg

箱の底に付属品が入っています。
沢山入っており安心です。

DSC_1972.jpg

ビルドします。
コイルの足をネジの隙間に置いて締めるだけ。
やり易い方だと思います。
コイルが上過ぎると、チャンバーに触れそうなので位置は下げました。

DSC_1973.jpg

WICKと書いてある場所にWICKを。
コイル真横からは空気が当たらないビルドをしてしまいました。
コイルの足を真横に伸ばした方が美味しいかも知れません。

DSC_1974.jpg

普通にビルドしただけでは、味は普通でした。
もう少し、ビルドに工夫の余地がありそうです。

ドローは全開にしてもそこそこ重いです。個人的に好みの重さです。

チャンバーなしだとトップエアフロー味です。煙は出るけど少し薄味な感じです。

構造上、キャップが締めにくいのが面倒です。
あまりに締めにくいのでオーリングを緩めのものに変更して改善しました。

チャンバーの穴とキャップの穴の位置を合わせて、エアフロー調整をするのですが、非常にし難いです。
特に黒キャップはキャップの穴がほとんど見えないので苦戦します。

背が低くドローが重目なので、熱っ!となったりします。

マイナス面ばかり上げましたが、見た目、作りが良くてチタン製なので、お気に入りです。

■買った場所
Adler Industles FACEBOOK グループ
※Mikroシリーズなので、お店に並ぶはず。


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。