So-net無料ブログ作成

Kayfun Prime by SvoёMesto [VAPE:RTA]

DSC_1822.jpg

Kayfun Prime はMTL特化型のRTAです。
軽い吸い心地が好きな人は避けてください。
SvoёMestoの読み方が分かりません。ソヴォェメェストゥ?

DSC_1823.jpg

100%本物です。78%とかじゃないので安心ですね。

DSC_1824.jpg

The Difference! 違うみたいです。

DSC_1825.jpg

本体とガラスタンクが付属します。
メタルタンク嬉しいですね。
例えば数年後にガラスタンクが割れて、替えのガラスタンクが何処にも売ってない状態になってもゴミになりません。
メタルタンクの刻印はランダムとか。
自分はサンクトペテルブルグでした。

DSC_1826.jpg

本体。高級感があります。

DSC_1827.jpg

デッキは最初、ネジが付いていません。

DSC_1828.jpg

プラスネジとマイナスネジが付属しているので、好きな方を付けて使います。

DSC_1829.jpg

見た目でマイナスネジを選択しましたが、プラスの方がビルドし易い気がします。

DSC_1830.jpg

タンクですが、トップからリキッドチャージできます。
ドリップチップは510なので好きなものに交換可能です。

DSC_1831.jpg

ビルドします。
マイナスネジは面倒くさかったので、プラスネジをお勧めします。

DSC_1834.jpg

タンクを付けます。スレッドを全部絞め込むとジュースホールが全閉になります。
このままだと、デッキにジュースが行きません。

DSC_1833.jpg

スレッドを逆に回すと隙間が出来て、そこからデッキにジュースが供給されます。
知らないと確実にイガってしまうKayfunあるあるです。ご注意ください。

DSC_1835.jpg

エアホール調整は、下側のリングを上に上げ、回す事で行います。
スレッドを全閉にしてるとリングが上がりきらず回らないのでご注意ください。
ジュースホールが開いた状態なら回ります。

モッドとリングの隙間に、3つ点が見えるかと思いますが3段階目を意味します。

DSC_1836.jpg

これは5段階目。6段階の調整が可能ですが、MTLに特化しているので、どこまで開けてもMTLで重めです。
狭い範囲で、6段階調整出来るのはMTL好きにはたまらない大興奮ポイントです。
1段階目の一番小さい穴にしても重すぎず、普通に吸える重さなので安心してください。

DSC_1837.jpg

サンクトペテルブルク製のMODに載せて見ました。

初めてKayfunシリーズを買いましたが、評判通りの使い勝手の良さと、美味しさを備えています。

欠点と言えば
・ジュースホールの調整を知らないとイガる。
・重量が重い。
・2mlと言う容量の割に背がやや高い。
ぐらいでしょうか。

これは一度使ってしまうと他のRTAを使えなくなりそうです。

■買った場所
VaporCone




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。